閉じる
  1. 1月4日、2016年始動!
  2. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
  3. そのEA、スプレッド耐性ある?
  4. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  5. 2015年9月の運用成績
  6. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  7. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ
  8. 期待せざるを得ない。TFRを新規導入
  9. 武藤嘉紀のスポンサー! LAND-FXを使ってみる
  10. Titan FX Blade口座のスプレッドはどれくらい狭い?
閉じる
閉じる
  1. 機械学習のお勉強
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Swallowアップデートしました
  4. Swallowのバージョンアップ検討②
  5. Sunflowerの大幅アップデート
  6. 出品EAの今後の処遇
  7. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  8. 2018年始も好調継続中
  9. Swallow 低ボラ回避のバージョンアップ
  10. Swallowのバージョンアップ検討
閉じる

あっきー and Company

ブローカーの差?首の皮一枚で生き残ったトレンディワン・レガート

一昨日、EUR/USDの上昇トレンドに対してショートで入ってしまい、担ぎ上げられてしまったトレンディワン・レガート氏。

もうダメかもなとは思いつつ、放置していました。

そして公式フォワードを見てみたところ、画像の通り、案の定撃沈。

 

しかーし!

なんと奇跡的に、私のTitan FX Blade口座では生き残っていました!

20151015_Legato-titan

よくよく公式フォワードと見比べてみると、どうやら公式のFX Proデモ口座では1:00(日本時間7:00)にエントリーしているのに対し、私のTitan FXの口座では8:00(日本時間14:00)にエントリーしており、そもそもエントリーの時間・価格が違っていたようです。

そして、元々のSL 1.14989に対し昨日の高値は約1.1495だったため、限りなく瀕死状態ではあったのですが、要人発言?絡みのEUR/USD下落でまさかの生還。

スプレッドが効いたのか、はたまた微妙なブローカー間の価格差が効いたのか。

いずれにしろ、-110pipsの負けを回避できたのは非常に大きいです。

これを取り戻すにはまた数か月かかりそうですからね。

 

今週は好調に推移していてやっと回復傾向が出てきたし、よかったよかった。

勝率93.75%、PF 3.26 スイングの安定した実力。
トレンディワン・レガート
トレンディワン・レガート | fx-on.com

関連記事

  1. 朝スキャEAが夕方までポジション持ち続けるって

  2. 心を落ち着けるべく、アロマ男子になってみる

  3. 勝てるMax2を試験稼働でマーチン復活

  4. メイン口座は話題のTitan FXに

  5. 武藤嘉紀のスポンサー! LAND-FXを使ってみる

  6. イギリス国民投票前夜 全EA稼働停止

おすすめ記事

  1. EAはどこに出品すべきか
  2. Sunflowerの大幅アップデート
  3. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  4. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  5. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る