閉じる
  1. 試用版EAの配布を始めてみる
  2. 2015年度好調なEAその1:3BTS
  3. 誠に遺憾ながら。S.E.L EURCAD稼働停止
  4. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  5. cTraderでの自動売買に挑戦
  6. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
  7. 新Sunflowerを出品しました
  8. Titan FX Blade口座のスプレッドはどれくらい狭い?
  9. FXトレーダーにも便利なマネーフォワード
  10. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
閉じる
閉じる
  1. 儲かるなら売らない?
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. 機械学習のお勉強
  4. EAはどこに出品すべきか
  5. Swallowアップデートしました
  6. Swallowのバージョンアップ検討②
  7. Sunflowerの大幅アップデート
  8. 出品EAの今後の処遇
  9. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  10. 2018年始も好調継続中
閉じる

あっきー and Company

凡ミス・・・VPSメンテ後はちゃんと確認しましょう

EAの取引状況をチェックしていて、Genesis Traderのトレーリングストップは発動しないし、トレンド反転したはずなのにカコテンはエントリーしないし、なんでかなあと思って夜、仕事の休憩中にスマホからVPSにログインしてみたら…

なんとMT4の口座にログインがされていない状態でしたorz

 

どうしてこうなった、という理由ですが、土日の深夜~早朝にかけて行われた使えるねっとのVPS定期メンテナンスによりMT4が強制シャットダウンされてしまい、VPS再起動時に自動ログインが働かなかったからだと思います。

土曜にVPSを再起動して、MT4が無事立ち上がっていることを確認したはいいものの、その後メンテナンスがあることをすっかり忘れていました。

普段、VPSが立ち上がった時にMT4も自動で起動するように設定しているため、トラブルあってもまあ大丈夫だろと思っていたのですが、MT4が強制シャットダウンされたときには上手く働かないようですね。

 

これが吉と出たのか凶と出たのかはわかりませんが、少なくともカコテンのAUD/JPYロングポジションは取り損ねており、現時点で約80pipsを取り逃していることに…

B24が撃沈してしまったただけに(やばそうだなと思って手動で損切りは浅めにしていましたが)、この取りこぼしは痛いです。

踏んだり蹴ったりですね(T_T)

 

しかし、EUR/USDとGBP/USDは窓も埋めずに下落一直線でしたね。

そう考えると、今週は珍しいパターンだったのかもしれません。

その珍しいパターンがいい方向に効いてくれればよかったのですが、そんなこともなく、口座は引き続き瀕死状態です…

 

教訓:VPSメンテの日程はしっかりメモ帳に記録しておき、メンテが終わったらMT4が正常に稼働することを確認しましょう!

関連記事

  1. ブローカーの差?首の皮一枚で生き残ったトレンディワン・レガート

  2. 旧FXCMジャパンから撤退。そしてAxioryへ移行!

  3. 2Gunsは春になるまで冬眠

  4. ユロドルのレンジいらいらするーーー!

  5. ダウン、からの昇竜拳!

  6. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

おすすめ記事

  1. 新Sunflowerを出品しました
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Sunflowerの大幅アップデート
  4. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  5. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る