閉じる
  1. Titan FX Blade口座のスプレッドはどれくらい狭い?
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. FXトレーダーにも便利なマネーフォワード
  4. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  5. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開
  6. Swallowがfx-on収益率ランキング2位!
  7. 1月4日、2016年始動!
  8. 2016年2月第5週~3月第1週の運用成績
  9. Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!
  10. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
閉じる
閉じる
  1. EA-BANKで11月首位獲得!
  2. EA-BANKでの提供開始!
  3. 儲かるなら売らない?
  4. 新Sunflowerを出品しました
  5. 機械学習のお勉強
  6. EAはどこに出品すべきか
  7. Swallowアップデートしました
  8. Swallowのバージョンアップ検討②
  9. Sunflowerの大幅アップデート
  10. 出品EAの今後の処遇
閉じる

あっきー and Company

新しいEA採用基準を導入します

このところ為替は押し目・戻りがないままに一方的に動き続けることが多く、様々なタイプのEAが調子を崩してしまっています。

最近はポジションの保有時間が長くなる傾向にあり、損切りする機会を逸したままずるずると-50pipsとかのストップロスに直行してしまうことも少なくありません。

もう有利な条件は崩れたんだからさっさと損切りしてくれたらいいのにと思いつつ、でも手ばっかり出してたらいかんよなあと思って指をくわえる展開が多くなっています。

また、メインで使っているFXCMジャパンのような国内FX会社の口座では、ポジションをだらだら持ち続けられてしまうと証拠金が圧迫され、結果的に他のEAがエントリーできなくなることがままあるんですよね。

そんな状況もあって、ここで新たに稼働EAの基準を設けることにしました。

その新たな基準は「保有時間制限が設けられている、もしくはそれに準じるEAのみ運用する」です。

基本的に、これに該当しないEAはメイン口座の運用から外して、成績がいいものについてはサブ口座で動かすことにします。

 

ということで、上記の基準に該当しない3BTS、長期安定EA EUR/USD PF1.26、Genesis Trader、Lightning Strike、VBSはメイン口座から外しました。

稼ぎ頭の長期安定EAを筆頭に、長期的な観点で特別に調子が悪いというわけではないのですが、やはりどのEAも最近はポジション保有時間がやたら長くなる傾向にあり、これらのEAはSLにかかるまで損切りされない場合がほとんどなので。

資金効率を良くするという意味でも、メイン口座で運用するEAは(実質的に)保有時間制限があるものに絞りました。

 

そして、このタイミングで先日ご紹介したCycleTrapScalPro_EURUSDを導入することにしました。

このEAには保有時間制限は設けられていませんが、SLが5pipsということからもポジション保有時間は短いと予想され、実質的に長期保有することはないという判断です。

 

さて、この決断がどういう結果につながるか。

現状儲かってはいませんが、自分も日々賢くなっていると信じて、できるところは改善していこうと思います。

ドローダウンが少ないローリスクなEURUSDスキャルピングEA。過去11年分のバックテスト検証済み。
CycleTrapScalPro_EURUSD
CycleTrapScalPro_EURUSD | fx-on.com

関連記事

  1. キャンペーンに乗っかって使えるねっとのVPSを更新しようと思う

  2. 凡ミス・・・VPSメンテ後はちゃんと確認しましょう

  3. 王道はやはり損小利大

  4. シロクマV3のカスタムが裏目

  5. そのEA、スプレッド耐性ある?

  6. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較

おすすめ記事

  1. EA-BANKでの提供開始!
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. EAはどこに出品すべきか
  4. Sunflowerの大幅アップデート
  5. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter

サイト内検索

販売中オリジナルEA

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る