閉じる
  1. cTraderでの自動売買に挑戦
  2. オリジナルEA開発に着手
  3. 【宣伝】自作EA第2弾出品開始
  4. Swallowがfx-on収益率ランキング2位!
  5. 2015年の確定申告終了!
  6. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  7. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  8. ブレイクアウトEAの原型完成
  9. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
  10. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
閉じる
閉じる
  1. EAはどこに出品すべきか
  2. Swallowアップデートしました
  3. Swallowのバージョンアップ検討②
  4. Sunflowerの大幅アップデート
  5. 出品EAの今後の処遇
  6. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  7. 2018年始も好調継続中
  8. Swallow 低ボラ回避のバージョンアップ
  9. Swallowのバージョンアップ検討
  10. ホワイトフェニックス
閉じる

あっきー and Company

落ちるナイフは拾えない。EGOISTも停止

先月は好調だったEGOISTですが、今週は5ポジションSLが2回発生してしまい、瀕死の口座残高に爪痕を残してくれました。。。

このドローダウンを受け、もう心が折れました。

こちらも他EAに引き続いて断捨離ということで、EGOISTの運用は当面停止します。

 

今まで何度か言っていますが、もう逆張りスキャルというロジックが通用しなくなってきているのかな、と。

EGOISTのようなトレンドフォロー型逆張りスキャルEAの理想的な取引は、

1.長期トレンドに対して押し目(戻り)があったところで下げ止まり(上げ止まり)を確認し、エントリー

2.順調に利益が出たら決済。思惑と外れて逆行したら損切り

というものなんだと思います。

しかし、逆張りEAだと1の「下げ止まりを確認」ということが多くの場合できず、結果的に落ちるナイフを拾うことになってしまいます。

だからストップを深くしないといけないんですよね。

また、2の「思惑と外れたら損切り」ですが、これを綺麗にやってくれるEAもなかなかないです。

そのせいで、10pips以下の利益を”いつか”得るために数10pipsの含み損に延々耐えなければならない…

 

もうそんな状況にはほとほと疲れました。

したがって、実際に結果が出ているEAを除いて、逆張りスキャル・コツコツドカン系のEAからはしばらく手を引きます。

またいつか合う相場が来たら考え直すかもしれませんが、最近の相場状況だとちょっとそれは期待薄ですね。

ため息と一緒に魂まで出ていきそう(; ̄д ̄)ハァ

関連記事

  1. 2015年度好調なEAその2:2Guns

  2. 大きな期待を寄せて、BandCross3を再稼働

  3. 謎に包まれた多通貨EA Lightning Strike

  4. TFRのGBP/USD、USD/JPY版を追加

  5. カコテンが不調すぎてどうしたもんかと。

  6. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Ma…

おすすめ記事

  1. EAはどこに出品すべきか
  2. Sunflowerの大幅アップデート
  3. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  4. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  5. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性

コメント

    • yujismz
    • 2016年 2月 18日

    昨年末から復調するかと思いましたが、うまくいきませんね。
    私も止めました。

    • yujismzさん

      復調の気配は見られますが、やっぱり不安ですよね。
      ESCADAも過去のドローダウンを更新しているようですが、どうなるやら…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る