閉じる
  1. 大きな期待を寄せて、BandCross3を再稼働
  2. Sunflowerの大幅アップデート
  3. オリジナルEA開発に着手
  4. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  5. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
  6. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開
  7. ストップレベル、気にしてますか?
  8. Nekoboo_Core2_Spec.Lを新規導入!
  9. 紙一重の差?生き残ったマーチン
  10. Swallowがfx-on収益率ランキング2位!
閉じる
閉じる
  1. 魔改造Ku-chart
  2. お名前.com FX VPSのレイテンシー計測
  3. EA-1グランプリ参加
  4. 全力アフィ記事
  5. 緋焔 販売開始!
  6. 絶望的に低ボラなドル円相場
  7. セット販売とタイアップのお知らせ
  8. EA-BANKで11月首位獲得!
  9. EA-BANKでの提供開始!
  10. 儲かるなら売らない?
閉じる

あっきー and Company

人気のスイングEAにヒントを得た新EA

出品中のDandelionが指標発表後のいってこいで惨敗し、傷心気味のあっきーです。

想定内の負けであるとはいえ、Gem-Tradeでご利用いただいている方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

バックテスト結果からいえば1勝の平均利益で取り戻せる範囲ではありますので、これからの成績は長い目で見ていただければ幸いです。

 

それはさておき、前の記事でも書いたようにユーロドルのこの低ボラ相場でも順調に利益を上げているEAはあるもので。

最近だとBeatrice-07Gauntletシリーズのような取引時間長めのスイングEAが絶好調ですね。

ポートフォリオ用に是非欲しい、ところではありますが最近の私のテーマはEAの自作なので、なんとか近いEAを作れないか試行錯誤してみました。

Beatriceのエントリー・クローズタイミングとチャートを睨めっこし、ボツEAを文字通り量産しながら、最終的にはBeatrice-ADX01を参考にしてCCIとADXをロジックに用いた結果…なんとかそれっぽいEAが作れました!

2005-backtest_RCIADX

特徴としてはスイングで数日程度の値動きの波をとらえ、相場の反転を狙ってエントリーするイメージのEAです。

ポジションは1つですし、エントリータイミングも異なるので結局Beatriceとは別物という感じになりました。

同じテクニカル指標でも使い方が異なるのでしょうね。

逆張り気味にエントリーするため、これまでに作った順張りEAとは異なり勝率は6割弱と、私のEAにしては高めです。

取引時間の制限は特に設けていませんが、2016年含めて特定の時間帯に成績が悪いということもなさそう。

早速、自分の口座でフォワードテストを行ってみたいと思います。

 

余談ですが、なんでかわからんけど私の作るEAは2005、2006年の成績が良くないんですよねえ。

この時期に特殊な値動きがあったというイメージもないのですが、どうしてなんでしょうね?

関連記事

  1. 出来の悪いEAほど可愛くなる魔法

  2. 出品EAの今後の処遇

  3. ブレイクアウトEAの原型完成

  4. 転んでも ただでは起きんぞ こうなれば

  5. Sunflowerのエラー修正

  6. 【宣伝】自作EA第2弾出品開始

おすすめ記事

  1. お名前.com FX VPSのレイテンシー計測
  2. 緋焔 販売開始!
  3. セット販売とタイアップのお知らせ
  4. EA-BANKでの提供開始!
  5. 新Sunflowerを出品しました

コメント

  1. おはようございます。

    ユーロドルで
    この成績はすごいですね。
    私もユーロドルで試作EAをつくっていますが
    これだけの成績になったものはありません。
    すばらしいですね。

    フォワードがどのようになるか
    楽しみにしていますね!

    ではでは

    • コメントありがとうございます。
      ユーロドルだといいですが、他の通貨ペアだとほとんどダメでした。
      やはり通貨ペアごとの癖みたいなものは存在するのでしょうね。
      今度はあらたさんのようにポンド円EAにもチャレンジしてみたいものです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter

サイト内検索

販売中オリジナルEA

マネーアップ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る