閉じる
  1. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開
  2. そのEA、スプレッド耐性ある?
  3. 紙一重の差?生き残ったマーチン
  4. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  5. 転んでも ただでは起きんぞ こうなれば
  6. Swallowがfx-on収益率ランキング2位!
  7. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  8. 期待せざるを得ない。TFRを新規導入
  9. 個人的にはドル円の上昇余地はかなり小さくなってきたと思う
  10. 新Sunflowerを出品しました
閉じる
閉じる
  1. EA-BANKで11月首位獲得!
  2. EA-BANKでの提供開始!
  3. 儲かるなら売らない?
  4. 新Sunflowerを出品しました
  5. 機械学習のお勉強
  6. EAはどこに出品すべきか
  7. Swallowアップデートしました
  8. Swallowのバージョンアップ検討②
  9. Sunflowerの大幅アップデート
  10. 出品EAの今後の処遇
閉じる

あっきー and Company

FX初心者の財前君。インベスターZ 10巻感想

投資やらトレードをやっている方の中には、三田紀房のインベスターZを読んでいる方も多いかと思います。

いつもは株式投資に関するネタがメインで、私も株はそこまで詳しくないので、半分勉強のような感じで楽しみながら読んでいます。

そんなインベスターZですが、昨日発売の10巻ではFXがメインテーマとして取り扱われていました。

早速読んでみたのですが、結論から言うと、今回のFXネタはかなり初心者向けな内容でした。

 

ストーリー的には、投資部に所属する主人公がFXでライバルと対決をすることになり、そこで初めてFXに挑戦するという内容です。

しかし、主人公の財前君、株式投資に関してはそこそこ詳しくなって取引もバンバンやっている割に、FXに関しては素人丸出しなんですよね。

まあ、FXに詳しくない読者にもわかりやすいように、そういう内容になっているのかもしれませんが。

逆に、初心者向けだと思えばいいのかもしれません。

円高・円安とか、ファンダメンタル・テクニカル分析とか、ブル・ベアだとかが簡潔に説明されている感じでした。

また、主人公がポジポジ病になっていたり、FXあるある的なネタもちりばめられていました。

 

まあでも、ブルよりベアの方が稼ぎやすいとか、移動平均線が上向きになったら買いだとかそんな話も出ていましたが、なかなかそう簡単にはいかないですよねぇ。

もちろん、基本として大事であることは確かなんですが…

しかしそこらへんは株のトレードだって一緒なんだから、FXになったからといっていきなり大損するっていうのもおかしくね?と思ってしまったり。

 

今回のFXネタも経験者から見ると少し違和感を感じるわけですが、9巻までの株の話についても、株式経験者から見ると「何を今さら」という感じなのかもしれませんね。

と、いろいろイチャモンつけていますが、話としては面白いので興味のある方は読んでみるといいかと思います。

おすすめ記事

  1. EA-BANKでの提供開始!
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. EAはどこに出品すべきか
  4. Sunflowerの大幅アップデート
  5. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter

サイト内検索

販売中オリジナルEA

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る