閉じる
  1. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  2. 2015年度好調なEAその1:3BTS
  3. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開
  4. 武藤嘉紀のスポンサー! LAND-FXを使ってみる
  5. cTraderでの自動売買に挑戦
  6. EAはどこに出品すべきか
  7. 転んでも ただでは起きんぞ こうなれば
  8. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
  9. 1月4日、2016年始動!
  10. 試用版EAの配布を始めてみる
閉じる
閉じる
  1. 機械学習のお勉強
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Swallowアップデートしました
  4. Swallowのバージョンアップ検討②
  5. Sunflowerの大幅アップデート
  6. 出品EAの今後の処遇
  7. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  8. 2018年始も好調継続中
  9. Swallow 低ボラ回避のバージョンアップ
  10. Swallowのバージョンアップ検討
閉じる

あっきー and Company

2015年度そこそこ好調だったEA:New Breeze v5とVBS

3BTS2Gunsに続いて、まあこの2つに比べるとやや安定感に欠けたんだけど、2015年そこそこ好調だったEAということで2つご紹介。

 

1つはNew Breeze v5です。

FX自動売買スキャルピングEA【New Breeze v5】

10月頃まで勝っては負けてを繰り返していましたが、11月からは3ポジmax利確もあったりで一気に息を吹き返しました。

20151224_NewBreeze5_Titan

基本はスキャル系ですが、たまにこのような大きな勝ちがあるため、トータルでプラスにもっていけています。

ここらへんが単純なコツコツドカン系とは違うところなんだろうなと思います。

ボラティリティが低いときはあまりエントリーしないので、単純な往復ビンタは食らいにくいのも特徴です。

 

もう一つはVBSですね。

VBS

こちらは6月にガッツリ稼ぎましたが、その後は伸び悩んだ感じでした。

20151224_VBS_FXCM

9月からはGBP/USD版とUSD/JPY版も稼働させていますが、正直こちらは少し足を引っ張ってしまいましたね。

まあ、今年後半のドル円、ユロドルのレンジ相場を見ていると、それも仕方ないかといった感じではあります。

 

両EAともオールシーズン好調というわけではありませんでしたが、不調期が被っていないという意味ではポートフォリオ効果が働いたといえるかもしれません。

以上、2015年好調なEA、オマケでした。

関連記事

  1. TFRのGBP/USD、USD/JPY版を追加

  2. ホワイトフェニックス

  3. なんでEGOIST息してないん?(´;ω;`)

  4. 誠に遺憾ながら。S.E.L EURCAD稼働停止

  5. 期待せざるを得ない。TFRを新規導入

  6. 2015年度好調なEAその2:2Guns

おすすめ記事

  1. EAはどこに出品すべきか
  2. Sunflowerの大幅アップデート
  3. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  4. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  5. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る