閉じる
  1. 個人的にはドル円の上昇余地はかなり小さくなってきたと思う
  2. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Maste…
  3. 紙一重の差?生き残ったマーチン
  4. MT4の動作がクソ重いから軽くするよう頑張ってみた
  5. FXトレーダーにも便利なマネーフォワード
  6. ブレイクアウトEAの原型完成
  7. docomo解約して格安SIMのmineoに移行したぜ!
  8. 2015年度そこそこ好調だったEA:New Breeze v5とVBS…
  9. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  10. 大きな期待を寄せて、BandCross3を再稼働
閉じる
閉じる
  1. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  2. 自作EAにニュースフィルターを実装
  3. Genesis Traderの運用を再開
  4. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  5. トレーディングもヒットの積み重ねだと思う
  6. Swallowの決済バグを修正
  7. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  8. cTraderでの自動売買に挑戦
  9. 日本人は野球もコツコツドカンか
  10. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
閉じる

あっきー and Company

cTraderでの自動売買に挑戦

私はFXの取引プラットフォームとしてここ4年くらいはずっとMetaTrader 4を使ってきましたが、新たな取り組みとして最近cTraderの利用にチャレンジしています。

というのも最近MT4に限界を感じる場面がありまして。

某・巨人FXで逆指値で仕掛けるブレイクアウト系スキャルEAを使っていたのですが、成績が奮わないなーと思っている中でEAの取引現場を見ていたら、なんと逆指値が5pips滑っていたことがあったんですよね。

いやいや、1pipとかならわかるけど5pipsて。平均利益1pipちょいなので5pipsも滑ったらもう訳わからんわけですよ。

案の定、そのトレードはSLでの負けになってしまいましたし。

(まさかというかやはりというかVDP使ってるんじゃねえだろうな…)

しかも米国設置VPSでレイテンシをできる限り減らした状態でそれですから、「あ、これはアカン」と思って巨人FXさんからは撤退しました。

 

そんなこんなな状況で何か打開策はないかと思っていたところ、huroji.comさんによると完全ではないけれど何やら解決策はあるらしいと。

僭越ながらコメントでも質問させていただいたのですが(お礼を申し上げる機会を逸してしまった…)、MT4だと難しい面もあるけれども、cTraderなら(少なくとも成行注文であれば)Market Execution方式でもスリッページ制御が可能なようです。

余談ですが、どうやったらhurojiさんみたいにFXの取引システム?に詳しくなれるのでしょう…?

2015年頃までの記事を拝見していると普通にMT4のEAを開発したり取引したりしていたようですが、最近はFIX API(←単語しかわかりません)を使った取引をメインにされているようでもはや隔世の感があります。

一体どういう風に勉強すればそこらへんに詳しくなれるのだろう。

やっぱり英語の情報を読み込んでいかないとダメなんだろうか。

教えてほしいというかお近づきになりたいところではあります。




 

さて、そんな経緯があって始めたcTraderへの挑戦ですが、まずはcTraderとは何ぞやというところからです。

といってもcTraderの特徴自体はいろんなアフィリエイトサイトで紹介されているので、ご興味のある方はそちらを参照いただくとして。

MeraTraderでのEA(Expert Advisor)にあたるものはcTraderではcBotと呼び、cBotはcTraderアプリケーションの一つであるcAlgoで開発(コード作成、バックテスト、最適化)できるということのようです。

作成、またはダウンロードしたcBotはcAlgo上で使えますし、cTraderも同期できるようになっているのでcTrader上でも使えるようです(まだ試してないのでわかりませんけど)。

ようです。を連発してますが、cTraderで自動売買やってますみたいな情報は日本語ではほとんど引っかからないので、Google検索してもあまり詳しいことがわからないんですよね。

cTrader自体は2011年に世に出てきたようですが、国内業者にはほぼ採用されていない(国内でcTraderが使えるのはFOREX EXCHANGEというとこだけみたいです)のも日本語情報が少ない原因なのかと思います。

したがってcBot作成にはなかなか苦労することになるわけですが、次回の記事では自作のMT4 EAをcBotに書き換えてみたよ、というのをご紹介したいと思います。

いやはや、苦労しましたよ(´Д`)

関連記事

  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点

おすすめ記事

  1. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  2. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  3. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  4. cTraderでの自動売買に挑戦
  5. Swallowタイアップキャンペーンと裏話

コメント

    • ナン
    • 2017年 7月 05日

    こんにちは
    認識が間違っていたらすみません。
    EAで成り行き注文(スリッページ3)をしたのですが、5pip滑ってエントリーしてました。
    3point以上なら注文が通らないと思ってたのですが・・
    記事にあることも同じようなことでしょうか?

    • こんばんは。
      たぶん、同じようなことだと思います。
      NDDブローカーが一般的に採用している(といわれる)Market Excution方式だと、成行注文は文字通り成行となり、スリッページの設定は実質無視されるようです。
      大幅な滑りも含めて不利なスリッページを避けようとしたら指値注文を使うしかないのですが、そうするとヒットしない可能性もあるのが悩ましいですね。

    • ナン
    • 2017年 7月 06日

    やっぱりそうですか、スリッページ設定は無視されるのですね、やっかいです。
    まだ指値注文のコードは組み込んで無いので試してみます。

    指値注文のものは実装してみましたか?感触はどうだったでしょうか?

    ちなみに滑ったのはタイタンです(大きな滑りは1回のみですが)

    • 指値注文の方法は実装していません。
      やはりヒットしない可能性があり、ポジションが決済されなかったりすると困るので…
      あと、あまりスリッページに影響されすぎるEAは使わないようにしています。

      私もタイタンでしたが、5pipsの滑りというのは許容しがたいですよね。

    • ナン
    • 2017年 7月 07日

    私の場合一応エントリーのみに実装してみようかと思います。
    ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る