閉じる
  1. EAはどこに出品すべきか
  2. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
  3. 大きな期待を寄せて、BandCross3を再稼働
  4. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  5. オリジナルEA開発に着手
  6. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  7. 1月4日、2016年始動!
  8. 2016年2月第5週~3月第1週の運用成績
  9. Sunflowerの大幅アップデート
  10. 個人的にはドル円の上昇余地はかなり小さくなってきたと思う
閉じる
閉じる
  1. EA-BANKで11月首位獲得!
  2. EA-BANKでの提供開始!
  3. 儲かるなら売らない?
  4. 新Sunflowerを出品しました
  5. 機械学習のお勉強
  6. EAはどこに出品すべきか
  7. Swallowアップデートしました
  8. Swallowのバージョンアップ検討②
  9. Sunflowerの大幅アップデート
  10. 出品EAの今後の処遇
閉じる

あっきー and Company

オリジナルEAの初取引

リアル口座で試運転している自作のブレイクアウトEAに今日初めての取引がありました。

残念ながらブレイクは不発で負けてしまいましたけどね。

まあ勝率3割ちょいなのでそんなものです。

 

でもこれでちゃんと自分の作ったEAがリアル運用でも正常に稼働することを確認することができました。

GMT補正、複利機能、チャートへのコメント表示なども付けたし、どこかに出品してもいいくらいの仕上がりにはなっているかと思います。

EA開発者の卵から、ひよこくらいにはなれた感じですかね。

あとは取引をもう少し積み重ねて、バックテスト通りの成績が期待できるかをウォッチしていきたいと思います。

 

ほか、EAの改良についてちょっと悩みどころなのがストップレベル対策。

エントリーを逆指値で行っていて、タイミングによってはエントリー価格が現在価格に近くなるため、今使っているAxioryやTitan FXなら別に問題ないのですが、業者によってはストップレベルのせいで注文が弾かれてしまうんですよね。

これを避けるには成行で注文すればいいのですが、逆指値に時間制限を設けているという点を再現しようと思ったら、ちょっとプログラムが複雑になりそう。

サブルーチンをもっとこねくり回せば何とかなるんでしょうけど、あまり時間もゆっくり取れないし論理構造を考える頭が追い付かないです笑

まあ、こだわりすぎるとキリがないのでそこそこにして、違うタイプのEA作りにまずはチャレンジですかね。

関連記事

  1. 一定時間経過での手仕舞い

  2. Swallowのバージョンアップ検討

  3. 人気のスイングEAにヒントを得た新EA

  4. 他通貨ペア価格を参照しながらのバックテスト

  5. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析

  6. 出品EAの今後の処遇

おすすめ記事

  1. EA-BANKでの提供開始!
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. EAはどこに出品すべきか
  4. Sunflowerの大幅アップデート
  5. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析

コメント

  1. おはようございます。

    エントリーを逆指値で行っていて
    タイミングによっては
    エントリー価格が現在価格に近くなるため 
    業者によってはストップレベルのせいで
    注文が弾かれてしまうんですよね。

    よくありますよね。
    このエラー表示。
    どこの業者も一定ならいいのですが
    FXDDで発生しました。
    私の場合
    イグジットを大きくとる
    細かく音を値を確認する
    トレーリングストップや建値ストップを
    外すことで解決させました。
    あと
    運用業者を指定することで
    解決すると思いますよ。

    お互いに頑張りましょう!

    • あらたさん

      やはり、同じような悩みはあるんですね(^^;
      単純にストップレベル分だけ注文を離すのが一番簡単ではありますが、そうなると挙動が変わってしまう可能性がありますし、悩ましいです。
      確かに、運用業者を指定すれば問題はないんですけどね。
      ストップレベルなんてなくしてくれればいいのに笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter

サイト内検索

販売中オリジナルEA

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る