閉じる
  1. 1月4日、2016年始動!
  2. 【宣伝】自作EA第2弾出品開始
  3. 2015年度そこそこ好調だったEA:New Breeze v5とVBS…
  4. 2015年9月の運用成績
  5. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
  6. 2015年度好調なEAその2:2Guns
  7. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  8. FX自動売買を野球に例えると
  9. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
  10. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Maste…
閉じる
閉じる
  1. ホワイトフェニックス
  2. 順張りと逆張りのポジション保有時間
  3. 順張りと逆張りの損益分布
  4. FFCalのサマータイム認識
  5. まだまだ使える!カコテンiIchimoku AUDJPYのチューニング…
  6. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  7. 自作EAにニュースフィルターを実装
  8. Genesis Traderの運用を再開
  9. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  10. トレーディングもヒットの積み重ねだと思う
閉じる

あっきー and Company

Swallowのポジション保有時間に関するコード修正

Swallowのコード修正に関するご連絡。

fx-onのコミュニティで指摘がございました通り、Swallowの前バージョンではポジション保有中にMT4を再起動したり、パラメーターを変更してEAを再読み込みしたりすると、ポジション保有時間の計算がリセットされ、次の1時間足確定でポジションが強制決済されてしまうという問題がありました。

これは、EA内部でポジションのオープン時間を変数に記憶させていたのですが、EAが再読み込みされるとそれが初期値の0にリセットされてしまうためでした。

したがって、これへの対処として1時間足の更新時にポジションのオープン時間をOrderOpenTime関数で毎回読み込むこととし、上記の問題を解決しました。

fx-onの製品版の方は先にバージョンアップしていましたが、こちらのサイトで公開している試用版も先程バージョンアップしましたので、必要な方は再ダウンロードをお願いいたします。

 

ちなみに、最新版でのポジション保有時間に関する挙動について説明しておくと以下の通りです。

なお、36時間という数字はデフォルトの場合です。

 

①片建てのまま36時間経過した場合

エントリーから36時間で決済されます。

 

②2つ目のポジションを保有(両建て状態)した後、36時間経過した場合

2つ目のポジションのエントリーから36時間で2つとも決済されます。

 

③2つ目のポジションを保有(両建て状態)した後、1つ目のポジションが内部ロジックで決済された場合

2つ目のポジションは、2つ目のポジションがエントリーした時間から36時間で決済されます。

 

④2つ目のポジションを保有(両建て状態)した後、2つ目のポジションが内部ロジックで決済された場合

1つ目のポジションは、1つ目のポジションのエントリー時間から36時間経過していればその時点で決済されます。

 

まあ④についてはめったに起こらないはずですが、一応、そういう仕様になっているということでご理解ください。

それでは。

行き過ぎからの戻りを狙うスイングEA
Swallow | fx-on.com

関連記事

  1. オリジナルEA開発に着手

  2. 人気のスイングEAにヒントを得た新EA

  3. 自作EAにニュースフィルターを実装

  4. 【宣伝】自作EA第2弾出品開始

  5. 他通貨ペア価格を参照しながらのバックテスト

  6. オリジナルEAをリアル口座でテストしてみる

おすすめ記事

  1. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  2. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  3. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  4. cTraderでの自動売買に挑戦
  5. Swallowタイアップキャンペーンと裏話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る