閉じる
  1. Titan FX Blade口座のスプレッドはどれくらい狭い?
  2. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  3. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  4. 2015年度好調なEAその2:2Guns
  5. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  6. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ
  7. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
  8. FXトレーダーにも便利なマネーフォワード
  9. ビットコイン取引! bitFlyerの口座を開設しました。
  10. Nekoboo_Core2_Spec.Lを新規導入!
閉じる
閉じる
  1. 儲かるなら売らない?
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. 機械学習のお勉強
  4. EAはどこに出品すべきか
  5. Swallowアップデートしました
  6. Swallowのバージョンアップ検討②
  7. Sunflowerの大幅アップデート
  8. 出品EAの今後の処遇
  9. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  10. 2018年始も好調継続中
閉じる

あっきー and Company

気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD

先日は新規EAとしてNekoboo_Core2_Spec.Lを導入しましたが、またまた気になる新しいEA。

ということで、本日はyumokinさんのスキャルEA、CycleTrapScalPro_EURUSDのご紹介です。

ドローダウンが少ないローリスクなEURUSDスキャルピングEA。過去11年分のバックテスト検証済み。
CycleTrapScalPro_EURUSD
CycleTrapScalPro_EURUSD | fx-on.com

 

こちらはEUR/USDを対象としたスキャルEAとのことですが、最大の特徴は5pipsというストップロスの狭さ。

SLが深いスキャルEAは数多くあり、どうにかもっと狭くできないの?怠慢じゃね?と常々思っている私ですが、SL 5pipsということはダラダラとポジションを持ち続けることもほとんどないと思われますし、精神衛生上も非常に良さそうですね。

そしてもう一つ特筆すべきなのは、11年間のバックテストで最大ドローダウンが約60pipsという驚異的な低ドローダウンです。

cycletrapscalpro_backtest

バックテストは0.5ロットで行われていますが、収益21,595ドルを1年あたりに換算するとざっくり年2,000ドル。

これに対して最大ドローダウンが約300ドルということは…最大ドローダウンを食らったとしても平均的には2か月ほどで回収できてしまう計算です。

これがホントだとしたら驚異的です。

勝率は60%程度と特別高くはありませんが、平均利益が平均損失より大きいので、損小利大スキャルという言葉がまさに当てはまるEAといえますね。

 

バックテスト結果をもう少し細かく見てみると、エントリーは逆指値により行い、TPは設けずにトレーリングストップ(yumokinさんのおっしゃるブレイクイーブンかな?)により決済するようですね。

となると、ある期間中の高値or安値に逆指値を設定するブレイクアウト型のEAなのかなと思います。

ブレイクを狭い値幅で追いかけて、数秒~数分で決済するという感じでしょうか。

ブレイクが不発だったとしてもすぐ損切る、理想的な取引を行っているように見えます。

 

いくつか懸念なのは、バックテストが0.5pipsと狭いスプレッドで行われていることと、モデリング精度がControl pointsであることでしょうか。

EUR/USDのスプレッドは各社とも狭めであるとはいえ、手数料まで含めて考えると0.5pips以下を満たせるところは少ないと思われますので、リアル運用の際は注意が必要そうです。

また、バックテストのモデリング精度についてはできればEvery tickの方がいいと思われますが…まあ問題がないからControl pointsにしているのかもしれませんし、なんとも言えませんね。

(※4/26追記 Every tickでのバックテスト結果が公開されていますが、成績は悪くなっていますね…)

あと、決済pipsが小さいほどスリッページの影響を受けやすくなるため、リアルではデモより成績がどうしても悪くなる傾向があります。

これらについてはフォワードテストの結果を見て判断していくしかないですね。

 

と、個人的にいろいろ舐め回して非常に気になるEAではあるのですが、実は似たようなEAを既に持っていまして。

そちらのEAはTitan FXでひっそりと稼働させており、時間軸も違うので取引が完全に被るということはなさそうですが、似通ったロジックのEAを同時期に2つ導入するのもちょっと性急なので。

そんなわけで、紹介するだけしといてなんですが、CycleTrapScalPro_EURUSDを導入するかは公式フォワードの状況をもう少し注視してから判断したいと思います。

どこぞの大臣のように、緊張感をもって注視(笑)しようかと。

既に導入されている方もいるようですのでどなたか情報求む!

ドローダウンが少ないローリスクなEURUSDスキャルピングEA。過去11年分のバックテスト検証済み。
CycleTrapScalPro_EURUSD
CycleTrapScalPro_EURUSD | fx-on.com

関連記事

  1. Iron Wolfの派生版?

  2. ホワイトフェニックス

  3. シロクマさんEA復活傾向か?

  4. カコテンが不調すぎてどうしたもんかと。

  5. 2015年度好調なEAその2:2Guns

  6. なんでEGOIST息してないん?(´;ω;`)

おすすめ記事

  1. 新Sunflowerを出品しました
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Sunflowerの大幅アップデート
  4. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  5. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る