閉じる
  1. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  2. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  3. 武藤嘉紀のスポンサー! LAND-FXを使ってみる
  4. Sunflowerの大幅アップデート
  5. そのEA、スプレッド耐性ある?
  6. 【宣伝】オリジナルEA第1弾出品中!
  7. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ
  8. 2016年2月第5週~3月第1週の運用成績
  9. FX自動売買を野球に例えると
  10. シロクマさんEA復活傾向か?
閉じる
閉じる
  1. 儲かるなら売らない?
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. 機械学習のお勉強
  4. EAはどこに出品すべきか
  5. Swallowアップデートしました
  6. Swallowのバージョンアップ検討②
  7. Sunflowerの大幅アップデート
  8. 出品EAの今後の処遇
  9. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  10. 2018年始も好調継続中
閉じる

あっきー and Company

【宣伝】自作EA第2弾出品開始

1作目のDandelionが負けまくっていているところでさらにクソEAを宣伝するのも忍びないですが、2つ目の拙作EA、Sunflowerがfx-onとGem-Tradeで出品開始となりました。

ただ、先々週からフォワードテストを開始しているfx-onの方ではDandelionと仲良くスタートダッシュ失敗となっています。

ここ2週間の夏枯れ相場ではトレンドが続かず負けが先行してしまっている状況です。。。

こんな状況で使ってくださいとは言えませんねw

 

まあ自虐はそれくらいにしておいて。

Sunflowerはドル円の順張りスイングEAです。

お日様の方を向くヒマワリのように、トレンドの方向に花開くという意味を込めて名付けました。

(夏の相場に弱いというのはなんとも皮肉なものですが…)

基本的には以前の記事で紹介したボリンジャーバンドのクロスをシグナルとしている、順張りのEAとなります。

スイングEAですが、5分足を使って参照するバーの数を多くすることでボリンジャーバンドの統計量を稼いでいるのが特徴です。

ポジション保有時間は、上手くトレンドに乗れた場合は平均で数日程度になります。

ポジション保有時間と損益の関係はこんな感じ。

PLbyDurationSunflower

取引回数自体は平均で週3回程度ですね。

 

順張りEAなのでやはりトレンドがある相場に強く、リーマンショック後の円高が進んだ2008、2009年の相場では特に大きく利益を上げている、そんなEAです。

レンジが続く相場は正直あまり得意ではありませんが、巷に多くあるドル円の逆張りEAや朝スキャEAと組み合わせるとポートフォリオとして効果的かもしれません。

ちなみに出品はしていませんが、私個人としてはSunflowerユーロ円版も使って異なる通貨ペアによるポートフォリオを組んでおります。

 

今は負けが続いてしまっているので私自身あまり自信をもっておすすめすることもできませんが、興味がございましたらたまにフォワードテストの状況を見てやってください。

ではでは、宣伝でした。

 

無料(取引手数料あり)のGem-Trade版はこちら。

 

有料(買切)のfx-on版はこちら。

複数のボリンジャーバンドを使用するトレンドフォローEA
Sunflower | fx-on.com

関連記事

  1. Swallowのバージョンアップ検討②

  2. 【宣伝】オリジナルEA第1弾出品中!

  3. Swallow試用版を用意しました

  4. 新Sunflowerを出品しました

  5. 出来の悪いEAほど可愛くなる魔法

  6. 自作EAにニュースフィルターを実装

おすすめ記事

  1. 新Sunflowerを出品しました
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Sunflowerの大幅アップデート
  4. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  5. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る