閉じる
  1. 2016年2月第5週~3月第1週の運用成績
  2. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  3. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  4. cTraderでの自動売買に挑戦
  5. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  6. Sunflowerの大幅アップデート
  7. オリジナルEA開発に着手
  8. 【宣伝】オリジナルEA第1弾出品中!
  9. 2015年度そこそこ好調だったEA:New Breeze v5とVBS…
  10. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
閉じる
閉じる
  1. 儲かるなら売らない?
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. 機械学習のお勉強
  4. EAはどこに出品すべきか
  5. Swallowアップデートしました
  6. Swallowのバージョンアップ検討②
  7. Sunflowerの大幅アップデート
  8. 出品EAの今後の処遇
  9. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  10. 2018年始も好調継続中
閉じる

あっきー and Company

Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!

先日導入したGenesis Traderですが、私が導入したとたん調子を崩す残念な展開になっています(T_T)

想定の範囲内ですのでまだまだこれからではあるのですが、やはりスキャルロジックはTPが10pipsに対してSLが60pipsと大きく、3ポジション負けてしまうと一気に-180pipsと結構痛い。

先々週はそれをもろに喰らってしまい、大きなダメージを受けてしまいました。

そこでどうにかならんもんかなと思い、スキャルロジックを最適化してみました。

 

下の図はGenesis Traderのスキャルロジックの、2005年1月~2016年1月までのデフォルト設定でのバックテスト結果。

初期証拠金は100万円、スプレッドは10ポイント(1.0pips)、ロットは0.1としています。

(最近のヒストリカルデータに一部エラー?があり、モデリング品質がn/aとなっているのはご愛敬とさせてください)

2005-201601_genesis-scal_def

悪い成績ではないのですが、2015年後半くらいからちょっと凹んでおり、実は直近で過去11年の最大ドローダウンを更新しています。

これだけ見ると何だか先行き不安ですが…

 

そして次がカスタム設定。

最適化の結果、ポジション数を3から2に減らし、SLも60pipsから40pipsに縮小しています。

2005-201601_genesis-scal_opt

私が特に重視する純益と最大ドローダウンを比較しますと、

純益:628,180 → 490,269

最大ドローダウン:35,420 → 21,581

となっています。

もちろん両方減っているのですが、純益が約22%の減少であるのに対し、ドローダウンは約39%減少しているので、損益のバランスとしてはいい方向に向かっているといえます。

ドローダウンが少ないということはその分ロットを大きくできるわけで、私としてはこちらの方が好みです。

この成績比較を見るとTrading Officeさんがどうしてデフォルト設定で3ポジション、SL 60pipsとしていたかは疑問ですが、2015年まではその方が成績が良かったからなんですかね?

 

ということで、最適化の結果を受け、Genesis Traderのスキャルロジックに関しては先週よりこのカスタム設定で運用しています。

複数ポジション負けても最大で-80pips(デフォルトでは-180pips)というのは精神的にもいいですね。

あとはこの設定が裏目にならないよう、祈りたいと思います。

Genesis Trader(ジェネシストレーダー)【フリー口座版】

関連記事

  1. なんでEGOIST息してないん?(´;ω;`)

  2. 謎に包まれた多通貨EA Lightning Strike

  3. 紙一重の差?生き残ったマーチン

  4. 期待せざるを得ない。TFRを新規導入

  5. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開

  6. ホワイトフェニックス

おすすめ記事

  1. 新Sunflowerを出品しました
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Sunflowerの大幅アップデート
  4. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  5. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る