menu
閉じる
  1. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ
  2. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  3. ストップレベル、気にしてますか?
  4. 転んでも ただでは起きんぞ こうなれば
  5. 1月4日、2016年始動!
  6. 2016年2月第5週~3月第1週の運用成績
  7. ブレイクアウトEAの原型完成
  8. Nekoboo_Core2_Spec.Lを新規導入!
  9. 武藤嘉紀のスポンサー! LAND-FXを使ってみる
  10. 誠に遺憾ながら。S.E.L EURCAD稼働停止
閉じる
閉じる
  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. 日本人は野球もコツコツドカンか
  4. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  5. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  6. Swallowのポジション保有時間に関するコード修正
  7. Swallow試用版を用意しました
  8. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など②
  9. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  10. そのEA、スプレッド耐性ある?
閉じる

あっきー and Company

保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Master

収支報告で触れた通り、Color your lifeの停止後、先週から新たなEAを一つ追加しました。

ということで繰り返しになりますが、Inon_Scalping_Masterのご紹介。

購入者第1号です(笑)

 

Inon_Scalping_Masterは1分足で動くスキャルEAで、まあ他にもいろいろ細かい特徴は販売ページに書かれているのでそちらを読んでもらうとして。

私が食いついた一番の特徴は「最大保有時間=2時間」という点ですね。

特定のEAのことを言うわけではありませんが、世のスキャルEAは損大利小で、ポジションが逆行した場合には深いSLに引っかかるまで延々持ち続けるものが多いんですよね。

スキャルEAなのに1日以上ポジション持ち続けて、結果得られたのが数pipsって、それどうなん?という(^_^;

そういう意味で、販売者さんが書かれている

「これは最大の特徴で巷でスキャルピングシステムと言って販売しているのは目標利益が届くまでポジションを保有し続ける事で勝率を高めていいるのですがこのシステムにはそんなセコい事は盛り込んでいません。ポジションがプラスであろうがマイナスであろうがエントリーから2時間以内には確実にクローズします。」

という設計思想にはすごく共感できます。

むしろそこだけに期待しているといっても過言ではないかもしれません(笑)

 

で、バックテストをしてみると、良くも悪くも2010年以降の相場に最適化されているEAです。

2009年以前の成績は正直微妙です。

まあ、それでもフォワード成績はBandCrossなどのように大きく崩れていませんし、そういうEAだと思って運用していれば停止する基準もハッキリしていますので、それはそれでいいかなと思っています。

 

11月中は半額の15,000円となっていますし、珍しいEAを使ってみたいという方にはオススメできるかと。

プロトレーダーに求められるポジションを長時間保有しない制限を EAに導入したスキャルピングシステム
Inon_Scalping_Master
Inon_Scalping_Master | fx-on.com

関連記事

  1. 逆張りスキャルに飽きた方へ。B24レビュー

  2. Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!

  3. 紙一重の差?生き残ったマーチン

  4. EGOISTの強気戦略が当たり中

  5. 2年近くのフォワード実績。Rejina EU

  6. 新生BandCross3がスタートダッシュ中!

おすすめ記事

  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  4. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  5. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク


EZインベスト証券×Swallowタイアップキャンペーン


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る