閉じる
  1. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
  2. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ
  3. 大きな期待を寄せて、BandCross3を再稼働
  4. 2015年度好調なEAその1:3BTS
  5. 武藤嘉紀のスポンサー! LAND-FXを使ってみる
  6. Swallowがfx-on収益率ランキング2位!
  7. 1月4日、2016年始動!
  8. MT4の動作がクソ重いから軽くするよう頑張ってみた
  9. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  10. Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!
閉じる
閉じる
  1. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  2. 2018年始も好調継続中
  3. Swallow 低ボラ回避のバージョンアップ
  4. Swallowのバージョンアップ検討
  5. ホワイトフェニックス
  6. 順張りと逆張りのポジション保有時間
  7. 順張りと逆張りの損益分布
  8. FFCalのサマータイム認識
  9. まだまだ使える!カコテンiIchimoku AUDJPYのチューニング…
  10. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
閉じる

あっきー and Company

ホワイトフェニックス

もう1年以上EAの購入はしていませんでしたが、久しぶりに気になっているEAがあります。

fx-onさんで売られているホワイトフェニックスです。

発売直後は運にも恵まれてフォワードも絶好調で、一時期めっちゃ売れていましたね。

 

面倒なので細かい解説はしませんが(笑)、なかなか優秀なEAだと感じています。

バックテスト上は平均利益≒平均損失でよくあるコツコツドカンのなんちゃって高勝率EAでもなく、それでいて勝率は50%を上回っています。

EA作っているとわかりますが、平均利益>平均損失(多少なりとも)でかつ勝率を50%以上にするのってめちゃくちゃ難しいんですよ。

私もそれに該当するのは未だSwallowしか作れていません(最近は鳴かず飛ばずで購入者の方には申し訳ありません)。

また、足確定でのみエントリー・クローズというのも、バックテストの再現性という意味で良ポイントです。

ティックでエントリーするEAはThe バックテストスペシャルである可能性がままありますからね。

事実、発売から4か月経った今もバックテストに近い成績を残せているように見えます。

ブレイクアウト系はスリッページ、不利約定が多いというのも、よくわかってらっしゃる方の発言。

しかもmyfxbookの成績まで公開されておられるのが素晴らしいです。

いやー、気になるなー。久しぶりに買っちゃおうかなー。

 

しかし、レビューでは1つ星付けられているわ、コミュニティではいちゃもん付けられるわ、作者様もなかなか大変だったようで。

これでは販売者としてのやる気も削がれてしまいますね。

心中、深くお察しいたします。

まるで裁量トレーダーのような売買!バックテストと実運用の差が少ない始値、終値で判別するロジック!


ホワイトフェニックス | fx-on.com

関連記事

  1. シロクマさんEA復活傾向か?

  2. 2015年度好調なEAその2:2Guns

  3. 新生BandCross3がスタートダッシュ中!

  4. 期待せざるを得ない。TFRを新規導入

  5. 落ちるナイフは拾えない。EGOISTも停止

  6. カコテンが不調すぎてどうしたもんかと。

おすすめ記事

  1. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  2. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  3. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  4. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  5. cTraderでの自動売買に挑戦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る