閉じる
  1. FX自動売買を野球に例えると
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  4. Sunflowerの大幅アップデート
  5. 試用版EAの配布を始めてみる
  6. 転んでも ただでは起きんぞ こうなれば
  7. オリジナルEA開発に着手
  8. 2015年度そこそこ好調だったEA:New Breeze v5とVBS…
  9. cTraderでの自動売買に挑戦
  10. 紙一重の差?生き残ったマーチン
閉じる
閉じる
  1. 儲かるなら売らない?
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. 機械学習のお勉強
  4. EAはどこに出品すべきか
  5. Swallowアップデートしました
  6. Swallowのバージョンアップ検討②
  7. Sunflowerの大幅アップデート
  8. 出品EAの今後の処遇
  9. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  10. 2018年始も好調継続中
閉じる

あっきー and Company

ランダムチャートで遊ぶ

とある手法を検証している中で、ランダムウォークな相場でも利益を出せる方法はあるのかということをちょっと考えておりまして。

まあ結論から言うと完全ランダムな相場で利益を出すのはムリっぽいという自己完結に至ったのですが、お試しにということでExcelでランダムウォークモデルを再現して遊んでみました。

 

Excelのランダム関数と正規分布関数を使って、値動き(pips変化)を平均0、標準偏差30と仮定し、1000回の試行を繰り返してみた場合のランダムチャートを以下に並べてみます。

 

これはランダム。

20161104_random1

 

これもランダム。

20161104_random2

 

もちろんこれもランダム。

20161104_random3

 

どれもいかにもありそうな感じで、続けているとだんだん発狂しそうになってきます(笑)

アナリストにお願いすればどのチャートに対してももっともらしい説明をしてくれそうですね。

システムトレーダー的には、もし使っているEAが過去の”たまたま”できたランダムパターンに対して”たまたま”優位性があるだけのものだったとしたら。そう考えるとゾッとします。

それを避けるためにはやはりバックテストはできるだけ長期間で、取引回数も少なくとも週1回以上くらいあるようなEAを選ぶことが大事になるのかなと思います。

 

ちなみに、先ほどのランダムチャートで平均値を+3pips(標準偏差は30のまま)としてみた場合のチャートを参考に載せてみます。

20161104_plus3

この場合は(当然ですが)何度やっても1000回試行後の最終pips変化はプラスに落ち着きます。

これが示唆する通り、実際には相場にわずかに存在する歪みに対し大数の法則が期待できるくらいに取引を続けていけば収支はプラスになるはず…そう信じて取引を続けていくしかないのでしょうね。

 

まあこれで終わっては面白くないので、もうちょっと踏み込んでみたところかなり優位性のありそうな手法を発見できたのですが、それについては気が向いたら書きます。

本当だったとしたら私は億万長者になれそうな予感なので(笑)

※その手法については勘違いでした(爆)

関連記事

  1. 久しぶりの2Guns玉砕

  2. FX自動売買を野球に例えると

  3. 2Gunsは春になるまで冬眠

  4. 徐々にテコ入れしていきます

  5. 凡ミス・・・VPSメンテ後はちゃんと確認しましょう

  6. ストップレベル、気にしてますか?

おすすめ記事

  1. 新Sunflowerを出品しました
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Sunflowerの大幅アップデート
  4. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  5. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る