閉じる
  1. docomo解約して格安SIMのmineoに移行したぜ!
  2. ブレイクアウトEAの原型完成
  3. 【宣伝】自作EA第2弾出品開始
  4. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  5. 2015年の確定申告終了!
  6. そのEA、スプレッド耐性ある?
  7. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
  8. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
  9. EAはどこに出品すべきか
  10. オリジナルEA開発に着手
閉じる
閉じる
  1. EA-BANKで11月首位獲得!
  2. EA-BANKでの提供開始!
  3. 儲かるなら売らない?
  4. 新Sunflowerを出品しました
  5. 機械学習のお勉強
  6. EAはどこに出品すべきか
  7. Swallowアップデートしました
  8. Swallowのバージョンアップ検討②
  9. Sunflowerの大幅アップデート
  10. 出品EAの今後の処遇
閉じる

あっきー and Company

Swallowがfx-on収益率ランキング2位!

私が出品しているEAの一つであるSwallowが、現在fx-onの3か月収益率ランキングで2位になっています。

わーいわーいヽ( ´ ∇ ` )ノ

こんなことはめったにありませんし、記念にキャプチャ画像をとっておきました笑

1位の収益率200%という数字には追い付けなそうですが、人気EAのRSIAverageEAを一時的にとはいえ上回ることができたのは嬉しいですね。

 

このSwallow、普段は勝ったり負けたりを繰り返しながら時々ガツンと勝つという感じになっています。

ではどういうときに大きく勝っているのかというと、11月以降については、11月8日のイタリア大統領選、そして今週のイタリア国民投票、ECB政策金利発表からのドラギ総裁発言が大勝利のタイミングとなっています。

いずれも大きく動いた後にそれを帳消し以上にするような揺り戻しがあり、まさにSwallowのロジックが狙う値動きでした。

最近のユーロドルは全戻しとなるような値動きが多く、ロジックが相場にマッチしているのでしょうね。

 

ただ、今の成績は正直出来過ぎです。

勝率は想定通りの数字ではあるものの、平均利益÷平均損失が4程度(バックテストでは1.2)、プロフィットファクターが4.25(バックテストでは1.44)と、絶好調すぎる数字となっています。

まあ年単位ではプロフィットファクターが2を超える年もありますが、年あたりの平均利益が約20万円を想定している中で3か月弱の利益が既に11万円を超えていることからも、この成績がずっと続くとは考えにくいですね。

もし購入検討中の方がいらっしゃいましたら、このことはしっかりご留意いただけますと幸いです。

これから大きなドローダウンが起きる可能性もありますので…。

反対に、押し目待ちに押し目なしといった感じで特にドローダウンなくガンガン利益を上げる可能性もありますが…。

 

とりあえず以上、Swallowが収益率2位取ったよ記念記事でした!

行き過ぎからの戻りを狙うスイングEA


Swallow | fx-on.com

関連記事

  1. 2018年始も好調継続中

  2. メインバンクを住信SBIネット銀行にしてみた

  3. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

  4. FX自動売買を野球に例えると

  5. 労働組合は必要悪か?

  6. リスク回避のトレンド発生中。いいぞもっとやれ

おすすめ記事

  1. EA-BANKでの提供開始!
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. EAはどこに出品すべきか
  4. Sunflowerの大幅アップデート
  5. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter

サイト内検索

販売中オリジナルEA

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る