menu
閉じる
  1. FX自動売買を野球に例えると
  2. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開
  3. 試用版EAの配布を始めてみる
  4. Titan FX Blade口座のスプレッドはどれくらい狭い?
  5. シロクマさんEA復活傾向か?
  6. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  7. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ
  8. ストップレベル、気にしてますか?
  9. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
  10. 2015年度好調なEAその2:2Guns
閉じる
閉じる
  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. 日本人は野球もコツコツドカンか
  4. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  5. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  6. Swallowのポジション保有時間に関するコード修正
  7. Swallow試用版を用意しました
  8. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など②
  9. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  10. そのEA、スプレッド耐性ある?
閉じる

あっきー and Company

MT4の動作がクソ重いから軽くするよう頑張ってみた

先週のEGOISTが取引してない問題を受け、VPS上でMT4が正常に稼働しているかを今一度チェックしてみました。

すると、、、動作がめっちゃ重い。

私は現在、使えるねっとのゴールドプラン(メモリ2GB)のVPSでMT4を6台立ち上げています。

そんな状況の中、改めてタスクマネージャーでじっくり確認してみたところ、メモリには余裕はあるようですが、CPU使用率は60~90%で逼迫気味。

また、MT4のいくつかはたまに「応答なし」になっていて、クリックしても反応しない状態になっていました。

今までは「描画が遅れてるだけでちゃんと動いてはいるんだろうな」と楽観的に考えていましたが、先々週はどうもInon_Scalping_Masterでも爆益を取りこぼしてたっぽいところを見ると、やはりフリーズしているなと。

これはマズイ!状況であるため、MT4を少しでも軽くするように、ネット情報も参考に対策を打ってみました。

 

1.レートを非表示にする

20151214_rate

まずは基本的なところですが、レートを非表示にします。

裁量トレードだったら表示する意味はあるのでしょうが、EAのトレードには必要ありませんので。

まあ、これは以前からやっていたので、今回は再確認ということで。

 

2.チャートの表示バー数を減らす

20151214_chart

続いて、メニューの「ツール (T)」→「オプション (O)」から、MT4で表示するチャートのバー数を減らします。

「ヒストリー内の最大バー数」はバックテストでは必要となりますが、EAの稼働には関係ないため、今までは10000くらいにしていたのですがガッツリ小さくしました。

また、「チャートの最大バー数」はまさにチャートに表示されるバーの数で、EAによってはこれの値を参照しているためあまり小さくできないのですが、時間足なども考慮して問題がないであろう数値まで減らしました。

 

3.ニュースの受信を無効にする

20151214_news

MT4のターミナルの中で「ニュース」というものがあり、デフォルトではマーケット情報などが自動で受信されるようになっています。

これもMT4の動作を重くする原因となるらしく、画像の通りチェックを外してニュースを受信しないようにしました。

 

4.音声を無効にする

20151214_sound

最後に、これもVPSでの取引には不要ということで、MT4の音声をオフにしました。

今までまったく気にしていませんでしたが、これも動作を軽くするのに効果があるようですね。

 

以上の方法を試してみたところ、かなり軽く動くようになりました!…と言いたいところですが、「うーんちょっと軽くなったかなあ」というのが正直なところです(^_^;

今まで描画もままならなかったものが、一応表示されるようにはなったかな?という程度。

やはり根本的にCPUの処理能力が足りていないのかもしれません。。。

とはいえ、何もしないよりはだいぶマシだと思いますので、VPSのリソース不足などでお悩みの方は試してみる価値ありです。

関連記事

  1. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

  2. FXトレーダーにも便利なマネーフォワード

  3. 新しいEA採用基準を導入します

  4. ドル安ブレイクは本物か?

  5. EUR/USDのボラティリティ低下を数値化

  6. ブローカーの差?首の皮一枚で生き残ったトレンディワン・レガート

おすすめ記事

  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  4. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  5. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク


EZインベスト証券×Swallowタイアップキャンペーン


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る