menu
閉じる
  1. cTraderでの自動売買に挑戦
  2. 1月4日、2016年始動!
  3. MT4の動作がクソ重いから軽くするよう頑張ってみた
  4. 試用版EAの配布を始めてみる
  5. docomo解約して格安SIMのmineoに移行したぜ!
  6. ブレイクアウトEAの原型完成
  7. 2015年度好調なEAその1:3BTS
  8. 【宣伝】自作EA第2弾出品開始
  9. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  10. Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!
閉じる
閉じる
  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. 日本人は野球もコツコツドカンか
  4. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  5. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  6. Swallowのポジション保有時間に関するコード修正
  7. Swallow試用版を用意しました
  8. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など②
  9. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  10. そのEA、スプレッド耐性ある?
閉じる

あっきー and Company

転んでも ただでは起きんぞ こうなれば

昨日、Nekoboo_Core2_Spec.Lを止めると宣言しましたが、前言撤回します笑

といってもただ再稼働するわけではもちろんありません。

記事の通りポジション保有時間が長くなるほど負ける確率は高くなる、しかも日本時間8時以降に持ったポジションはその傾向が高いというのもあり、日本市場が始まる前の8時45分になったらNekoboo_Core2_Spec.Lのポジションを強制決済させる簡易EAを作りました。

これを同時稼働させることによって、朝が終わってもポジションを持ち続けることは原理的になくなります。

もちろん、引っ張っていれば利益になったかも、という状況が起きることは十分にあり得るのですが、ひたすら含み損に耐えるストレスよりはマシです。

バックテストができないので、これの有効性は今後のフォワードテストで確かめていきたいと思います。

まずは最小ロットで。

良さそうだったら他の朝スキャEAにも拡張するかも。

ドローダウンを抑えたライトスペック
Nekoboo_Core2_Spec.L
Nekoboo_Core2_Spec.L | fx-on.com

関連記事

  1. オリジナルEAの初取引

  2. Swallowのポジション保有時間に関するコード修正

  3. 試用版EAの配布を始めてみる

  4. Sunflowerのエラー修正

  5. 人気のスイングEAにヒントを得た新EA

  6. 他通貨ペア価格を参照しながらのバックテスト

おすすめ記事

  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  4. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  5. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク


EZインベスト証券×Swallowタイアップキャンペーン


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る