menu
閉じる
  1. Swallowがfx-on収益率ランキング2位!
  2. オリジナルEA開発に着手
  3. 試用版EAの配布を始めてみる
  4. 2015年度そこそこ好調だったEA:New Breeze v5とVBS…
  5. 転んでも ただでは起きんぞ こうなれば
  6. 武藤嘉紀のスポンサー! LAND-FXを使ってみる
  7. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  8. 2015年度好調なEAその1:3BTS
  9. cTraderでの自動売買に挑戦
  10. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Maste…
閉じる
閉じる
  1. トレーディングもヒットの積み重ねだと思う
  2. Swallowの決済バグを修正
  3. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  4. cTraderでの自動売買に挑戦
  5. 日本人は野球もコツコツドカンか
  6. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  7. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  8. Swallowのポジション保有時間に関するコード修正
  9. Swallow試用版を用意しました
  10. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など②
閉じる

あっきー and Company

FX自動売買を野球に例えると

勝率が3割強と決して高くない自作のブレイクアウトEAですが、これってイチローの打率と同じくらいだよなあと思いまして。

そう考えると別に悪いってほどでもないんじゃね?wっていうのは半分冗談にしても、野球を見ながらぼんやり考えていたらFXと野球って似ているなということに気づきました。

 

野球も点を取ったり取られたりしながらトータルの得失点差がプラスとなればその試合は勝ちで、プロ野球であれば年間通してのペナントレースで優勝することを目標にしていると思います。

それをFX自動売買に例えると、EAは野球選手と見なすことができて、EAの性能はそれぞれの選手の能力と言い換えられそうです。

さしずめ、勝率は打率、利確幅は長打力、損切り幅は守備力といえるのではないでしょうか。

もちろん、これらが全て揃っていれば最強なわけですが、現実はなかなかそう上手くいかないものですよね。

 

例えば打率が高い(FXなら勝率が高い)といえばイチローで、レーザービームに代表されるように守備力も高くて素晴らしい選手であるということは間違いありません。

ただ、長打力が優れているかというと必ずしもそうではなく、内野安打も含めてやはりシングルヒットが多めです(まあイチローの場合は盗塁という武器もありますが、そこは置いといて)。

もちろん、細かいヒットを積み重ねていくことでコツコツ得点できるということはあります。

しかし逆に考えると、逆転のホームランとか走者一掃タイムリーみたいなことは起こりにくくなりますよね。

悪い例を挙げてしまうと、ランナー1、2塁のチャンスなのにシングルヒットでランナー帰れず、みたいなことになるわけです。

 

かといって打率を無視して長打力(利確幅)を追い求めればいいかといえばそんなことはなく。

ホームランを狙うにはフルスイングした方がいいとは思いますが、やはり大きく狙おうとするとどうしても打率は下がってしまいます。

打率が高く、パワーもあるなんてのは今のヤクルトの山田哲人くらいのものです笑

上手くはまった時には走者一掃満塁ホームランなんてこともありますが、その裏には多くの空振り三振があるということを忘れてはいけません。

おかわり君(中村剛也)を9人並べればいいかというと、そんなことはないということです。

 

また、守りの面で言えば守備力(損切り幅もしくは損切りの上手さ)が高ければ相手に長打を打たれて失点を拡大させるというリスクは下げられます。

ピッチャーはある程度の能力があると仮定して。

二遊間をコロコロと抜けていくような当たりに対して荒木・井端であれば処理できるようなところ、フツーの選手だと抜かれてヒットになってしまうというようなものです。

サード強襲のようなライナーに対しても、ダイビングキャッチできるか抜かれてしまってフェアとなるかでは大きく結果が変わってしまいます。

ピッチャーが活躍してゴロを処理できているうちは問題ないですが、クリーンヒットを打たれてしまったときにはその処理の仕方によって失点を最小で抑えられるか、もしくは逆転されてしまうか(=コツコツドカン)は運命の分かれ目となります。

そういったことを考えると、野球では攻撃力だけでなく守備力も勘案して選手の起用を決めないといけません。

 

つまり、FX自動売買も野球も似たようなもので、試合に臨む際には監督の我々がそれぞれの選手の能力を見極めてから起用するよう意識する必要があると言えそうです。

ポートフォリオを組むということは、高打率の選手から長打力のある選手、守備力のある選手をバランスよく配置するということになりますね。

もちろん、そのバランスは監督やフロントの方針によっても変わってきますし、それがそのチームの特色につながります。

ちょっと話はずれますが、あっきー球団は金銭による補強(有料EA購入)から生え抜き選手の育成(EAの自作)に舵を切っているような状況です。

5年前にマネーボールというデータ野球をモチーフにした映画がありましたが、あれは相場にも通ずるところがありますね。

やはり、野球に限らず世の中の法則は相場に当てはまるものが多いのかもしれません。

 

思ったことをつらつら書きましたが、このように資産運用をスポーツでもなんでも、身近なものに置き換えて考えてみるともっと楽しめるかもしれませんよ。

関連記事

  1. イギリス国民投票前夜 全EA稼働停止

  2. なぜかMT4がよく落ちる

  3. 忙しすぎて帰宅したら3時前だったからそのままFOMCを見届けた結…

  4. ユロドルEAの取引がねええぇ!

  5. EUR/USDのボラティリティ低下を数値化

  6. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など②

おすすめ記事

  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  4. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  5. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

コメント

  1. こんばんは

    野球で考えると
    わかりやすいですね!
    読み込んじゃいました。

    わかりやすく
    参考になりました。

    ありがとうございます。

    • あらたさん

      コメントありがとうございます。
      こんな雑文もお読みいただいて有り難い限りです。
      私もあらたさんとこの選手をスカウトしたいんですけどね、金満球団ではないので指をくわえております。。。

  2. おはようございます。

    私のEAは
    ドローダウンが大きいので
    足をひっぱると思います。

    せっかく自作されてるんですから
    購入 < 自作
    この割合での運用を目指されたらいいですよ!

    よろしくお願い致します。

    • 収益も大きければドローダウンが大きくても問題なさそうですけどね。
      仰る通り、しばらくは生え抜き育成に注力します(^_^;)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る