閉じる
  1. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Maste…
  2. MT4の動作がクソ重いから軽くするよう頑張ってみた
  3. 個人的にはドル円の上昇余地はかなり小さくなってきたと思う
  4. そのEA、スプレッド耐性ある?
  5. 大きな期待を寄せて、BandCross3を再稼働
  6. 武藤嘉紀のスポンサー! LAND-FXを使ってみる
  7. Swallowがfx-on収益率ランキング2位!
  8. FXトレーダーにも便利なマネーフォワード
  9. 誠に遺憾ながら。S.E.L EURCAD稼働停止
  10. 2015年度好調なEAその1:3BTS
閉じる
閉じる
  1. 2018年始も好調継続中
  2. Swallow 低ボラ回避のバージョンアップ
  3. Swallowのバージョンアップ検討
  4. ホワイトフェニックス
  5. 順張りと逆張りのポジション保有時間
  6. 順張りと逆張りの損益分布
  7. FFCalのサマータイム認識
  8. まだまだ使える!カコテンiIchimoku AUDJPYのチューニング…
  9. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  10. 自作EAにニュースフィルターを実装
閉じる

あっきー and Company

ブレイクアウトEAの原型完成

開発を進めておりますオリジナルEA第1弾のEUR/USD 15分足ブレイクアウトEA。

エントリーロジックの見直しや決済ロジックの最適化を進め、バージョン1とも呼べる原型が完成しました。

まだ改良の余地はあるかもしれませんが、あまり根詰め過ぎても過剰最適化になってしまいますし、今のロジックの中ではひとまずこんなもんでしょう。

 

160628_breakEA_test

前回からの大きな変更としては、ATRを参照した決済ロジックを追加しており、TP or SLのピーキーなEAだったものが内部ロジックによって決済するようになっています。

勝率は3割ちょっとと依然低いですが、平均利益が平均損失の約3倍ありますのでトータルではプラスになっています。

また、ほぼ全てのトレードで12時間以内に決済されていますので、デイトレEAのくせに数日ポジションを持ち続けるといったこともなくローストレスな仕上がりになっているかと思います。

年間成績としては、2006年は若干のマイナスとなっていますが、それ以外は苦しい時期もあるもののなんとか年間プラスを維持できています。

最大ドローダウンは約300pipsなので、100万円スタートならもっとロットを大きくしても良さそうですね。

 

あとは自分の勉強も兼ねながら、複利対応とかwarning修正をして販売できるようなレベルまでEAを作り込んでいきたいと思います(販売するかどうかは別として)。

それがある程度済んだら別ロジック、別通貨用のEAにもトライしてみましょうかね~。

MT5とかcTraderにチャレンジしてみるのも面白いかもしれん。

ゆくゆくはオリジナルEAでポートフォリオを組めるように、頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 【宣伝】自作EA第2弾出品開始

  2. 人気のスイングEAにヒントを得た新EA

  3. 【宣伝】オリジナルEA第1弾出品中!

  4. Swallowのバージョンアップ検討

  5. ボリンジャーバンドのクロスで売買するEA

  6. Swallow試用版を用意しました

おすすめ記事

  1. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  2. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  3. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  4. cTraderでの自動売買に挑戦
  5. Swallowタイアップキャンペーンと裏話

コメント

    • larry
    • 2016年 6月 29日

    こんにちは、

    プログラムもできるようになったようで凄いですね。
    新EAですが、DDが小さくて良いですね。
    どんどん良くなりそうですね、センスあるんじゃないでしょうか。

    ではでは、頑張ってください。

    • Larryさん

      お褒めいただきありがとうございます。
      といっても、Larryさんが作るEAの方が成績は良さそうで、自分もまだまだ修行が足りないなと思っています。
      EA自作してみて思うのはスプレッドの影響はでかいということで、ポンド円とはいえスプレッド3pipsで通用するEAを作るのは素晴らしいなと感じています。
      これからもお互い頑張りましょう!

  1. 勝率を良くされたいなら
    建値ストップ 
    トレーリングストップを
    うまく合わせると
    勝率があがりますよ。

    ただ
    利大損小から
    かけ離れますが…

    ご参考まで!

    • あらたさん

      いつもアドバイスありがとうございます。
      HLバンドなんかを参照してトレーリングストップを付けてみたりしたのですが、結局収益が悪化してしまって現状は外しておりました。
      うまくブレイクしてくれた時の利確方法は多少洗練されたのですが、ダメだったときの撤退が遅れているんですよねぇ。
      ご指摘を参考に建値ストップも検討してみて、撤退方法をもう少し詰めてみようかと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る