閉じる
  1. 2015年9月の運用成績
  2. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Maste…
  3. FX自動売買を野球に例えると
  4. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  5. Titan FX Blade口座のスプレッドはどれくらい狭い?
  6. Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!
  7. Nekoboo_Core2_Spec.Lを新規導入!
  8. そのEA、スプレッド耐性ある?
  9. 【宣伝】オリジナルEA第1弾出品中!
  10. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
閉じる
閉じる
  1. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  2. 2018年始も好調継続中
  3. Swallow 低ボラ回避のバージョンアップ
  4. Swallowのバージョンアップ検討
  5. ホワイトフェニックス
  6. 順張りと逆張りのポジション保有時間
  7. 順張りと逆張りの損益分布
  8. FFCalのサマータイム認識
  9. まだまだ使える!カコテンiIchimoku AUDJPYのチューニング…
  10. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
閉じる

あっきー and Company

謎に包まれた多通貨EA Lightning Strike

既に他の方も紹介されていますが、Trading EdgeさんのEA、Lightning Strikeを検証します。

Trading Edgeさんは新しい?開発者さんで、DLmarketで発売されるこのLightning Strikeが初出品EAのようですね。

EAの特徴を超ざっくり言うと

・EUR/USD、GBP/USD、USD/JPY、AUD/USDの4通貨に対応

・15分足で稼働

・平均利益と平均損失がほぼ同じ(TP、SLはステルス)

という感じみたいです。

よくありがちな高勝率、利小損大EAでないことは好感が持てますね。

より詳しくは販売ページで説明されています。

 

で、ぶっちゃけどんなロジックなん?と伺ってみたところ、

「長期トレンドと短期トレンドから相場の方向性の判断を行いトレードする基本概念を持つEAなのですが、様々な決済ロジックを搭載しているため、スキャルピングのようなトレンドフォローのようなスイングのようなと、動作を相場状況に応じて変化しますのが特徴です。」

との回答をいただきました。

それ以上は企業秘密とのことです(笑)

ま、個人的には、稼げればロジックは秘密でもいいという考えですので。

 

それで、やはりせっかく検証するならということで、メイン口座のTitan FX Blade口座に突っ込んでみました。

デモ口座とリアル口座ではやはり成績が違うことがあるので、デモ口座のフォワードテストって参考程度だよなーと最近は考えていまして。

ですので、皆さんの参考にもなるように、まずは最小の0.01ロットでですが、いきなり実弾投入してみることにします。

成績はmyfxbookから見られるようにしておきますので、ぜひご参考にしてみてください。

 

バックテストの結果からはなかなか期待できそうですが、さてどうなるか。

Lightning Strike

関連記事

  1. 紙一重の差?生き残ったマーチン

  2. Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!

  3. 2015年度好調なEAその2:2Guns

  4. カコテンが不調すぎてどうしたもんかと。

  5. Iron Wolfの派生版?

  6. 落ちるナイフは拾えない。EGOISTも停止

おすすめ記事

  1. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  2. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  3. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  4. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  5. cTraderでの自動売買に挑戦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る