閉じる
  1. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  2. 転んでも ただでは起きんぞ こうなれば
  3. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  4. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  5. Nekoboo_Core2_Spec.Lを新規導入!
  6. 2015年度好調なEAその1:3BTS
  7. FXトレーダーにも便利なマネーフォワード
  8. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  9. ストップレベル、気にしてますか?
  10. 個人的にはドル円の上昇余地はかなり小さくなってきたと思う
閉じる
閉じる
  1. 儲かるなら売らない?
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. 機械学習のお勉強
  4. EAはどこに出品すべきか
  5. Swallowアップデートしました
  6. Swallowのバージョンアップ検討②
  7. Sunflowerの大幅アップデート
  8. 出品EAの今後の処遇
  9. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  10. 2018年始も好調継続中
閉じる

あっきー and Company

謎に包まれた多通貨EA Lightning Strike

既に他の方も紹介されていますが、Trading EdgeさんのEA、Lightning Strikeを検証します。

Trading Edgeさんは新しい?開発者さんで、DLmarketで発売されるこのLightning Strikeが初出品EAのようですね。

EAの特徴を超ざっくり言うと

・EUR/USD、GBP/USD、USD/JPY、AUD/USDの4通貨に対応

・15分足で稼働

・平均利益と平均損失がほぼ同じ(TP、SLはステルス)

という感じみたいです。

よくありがちな高勝率、利小損大EAでないことは好感が持てますね。

より詳しくは販売ページで説明されています。

 

で、ぶっちゃけどんなロジックなん?と伺ってみたところ、

「長期トレンドと短期トレンドから相場の方向性の判断を行いトレードする基本概念を持つEAなのですが、様々な決済ロジックを搭載しているため、スキャルピングのようなトレンドフォローのようなスイングのようなと、動作を相場状況に応じて変化しますのが特徴です。」

との回答をいただきました。

それ以上は企業秘密とのことです(笑)

ま、個人的には、稼げればロジックは秘密でもいいという考えですので。

 

それで、やはりせっかく検証するならということで、メイン口座のTitan FX Blade口座に突っ込んでみました。

デモ口座とリアル口座ではやはり成績が違うことがあるので、デモ口座のフォワードテストって参考程度だよなーと最近は考えていまして。

ですので、皆さんの参考にもなるように、まずは最小の0.01ロットでですが、いきなり実弾投入してみることにします。

成績はmyfxbookから見られるようにしておきますので、ぜひご参考にしてみてください。

 

バックテストの結果からはなかなか期待できそうですが、さてどうなるか。

Lightning Strike

関連記事

  1. 大きな期待を寄せて、BandCross3を再稼働

  2. 期待せざるを得ない。TFRを新規導入

  3. 2015年度そこそこ好調だったEA:New Breeze v5と…

  4. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開

  5. EGOISTの強気戦略が当たり中

  6. シロクマさんEA復活傾向か?

おすすめ記事

  1. 新Sunflowerを出品しました
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Sunflowerの大幅アップデート
  4. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  5. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る