閉じる
  1. Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!
  2. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ
  3. シロクマさんEA復活傾向か?
  4. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  5. 2015年度好調なEAその2:2Guns
  6. 1月4日、2016年始動!
  7. Nekoboo_Core2_Spec.Lを新規導入!
  8. 【宣伝】オリジナルEA第1弾出品中!
  9. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
  10. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
閉じる
閉じる
  1. 儲かるなら売らない?
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. 機械学習のお勉強
  4. EAはどこに出品すべきか
  5. Swallowアップデートしました
  6. Swallowのバージョンアップ検討②
  7. Sunflowerの大幅アップデート
  8. 出品EAの今後の処遇
  9. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  10. 2018年始も好調継続中
閉じる

あっきー and Company

2015年の確定申告終了!

皆さん、確定申告の方はもうお済みでしょうか?

本業以外の収入や、医療費・住宅ローンなどの支払い状況によって、税金を追加で支払う必要があったり、逆に還付金として払い過ぎた分が戻ってきたりするのですが、ざっっっくり言うとその金額を確定させるための申告が確定申告となります。

サラリーマンの場合、今年の確定申告は3月15日(火)までに済ませる必要があります。

私の方はというと、週末の時間を利用して、いろいろな帳簿をにらめっこしながらなんとかe-Taxでの申請手続を終えることができました。

真面目にコツコツ集計していなかったせいで、金額の確認から入力までを含めるとトータル半日以上はかかったんじゃないかな(^_^;

 

海外FX業者の分は赤字なので、雑所得としては申請する必要はなかったのですが、国内FX業者の取引分は申告分離課税で赤字分を繰り越すことができるので、そちらについてはきっちり申請しておきました。

また、こちらのブログでは特に触れていませんが、実は昨年から不動産の方も少しかじっておりまして…

そちらの方は業者さんに計算してもらった数字を入力していっただけですが、なにぶん慣れないこともあり入力には苦労しました。

e-Tax上で計算される数字が業者さんの出した数字と一致したので、最終的に金額に間違いはないはずですが。。。

 

しかし、海外FX業者でドル口座だとやっぱりこういうとき不便ですね。

BandCrossさんの記事を参考に、ドル円のTTBレート月平均から円建てでの損益を計算しましたが、すごく面倒です。

以前はfx-onなどでドル建て口座の損益を円建てに変換してくれるソフトが販売されていた気がするのですが、それも見当たらなかったですし。

この面倒臭さを回避できるなら、個人的にはやはり口座は円建ての方がいいと思いますね。

そう考えると、資金がある程度たまってきたら海外FX業者とはオサラバしたいところ(使用に堪える国内業者があれば、ですが)。

FXCMジャパン(楽天証券)は最近使い始めたマネーフォワードとも連携できるようですし、そういうところのメリットも考慮して国内回帰するというのはアリかもしれません。

 

何はともあれ、面倒くさい申請を終えてひとまず安心です。

将来的には会計ソフトを使ったり税理士さんに丸投げできるほど資産が増えてくればいいなと夢見てはいますが…それはまだ先になりそうかな笑



関連記事

  1. メイン口座は話題のTitan FXに

  2. 心を落ち着けるべく、アロマ男子になってみる

  3. EUR/USDのボラティリティ低下を数値化

  4. リスク回避のトレンド発生中。いいぞもっとやれ

  5. あっけなく口座破綻

  6. ドル安ブレイクは本物か?

おすすめ記事

  1. 新Sunflowerを出品しました
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Sunflowerの大幅アップデート
  4. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  5. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る