閉じる
  1. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. EAはどこに出品すべきか
  4. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開
  5. FXトレーダーにも便利なマネーフォワード
  6. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Maste…
  7. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ
  8. Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!
  9. 2015年度好調なEAその2:2Guns
  10. 2015年度好調なEAその1:3BTS
閉じる
閉じる
  1. 儲かるなら売らない?
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. 機械学習のお勉強
  4. EAはどこに出品すべきか
  5. Swallowアップデートしました
  6. Swallowのバージョンアップ検討②
  7. Sunflowerの大幅アップデート
  8. 出品EAの今後の処遇
  9. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  10. 2018年始も好調継続中
閉じる

あっきー and Company

シロクマV3がまたドローダウン・・・泣いて馬謖を斬る

前々回前回とドローダウンを起こしたオリジナル設定のWhite Bear V3ですが、本日朝にまさかまさかの3度目のドローダウンを喫してしまいました。

まさに、2度あることは3度ある。

 

この2週間での超絶ドローダウンを受け、もう心が折れました。

シロクマV3はしばらく稼働停止することとします。

これだけ負けるのはカスタム設定だからとかクリスマス相場だからという話ではなく、エントリーロジックが根本的に今の相場に合っていないからだと思います。

引き合いに出すのも申し訳ないですが、GomaとかFukurouとかAshikaの長期低迷を見ても、シロクマならいつかという期待を盲目的に信じるべきではないですし。

もはや逆張りスキャルという概念を捨て去った方がいいのかもしれません。

 

後味の悪い終わり方となってしまいましたが、本日で全てのポジションを手動決済し、2015年のトレードを終わりとすることにしました。

ああ、今年は余裕でマイナス確定です。。。

トレード時間が短くなって、ストレスフリーに一歩近づいたシロクマ 君
900本ご購入御礼!・Forex White Bear V3
900本ご購入御礼!・Forex White Bear V3 | fx-on.com

進化したフクロウ君。より安全でより安定したトレードを実現!
Fukurou V2.5 GBPUSD
Fukurou V2.5 GBPUSD | fx-on.com

ポートフォリオにいかが? 3通貨ペアー対応です。
Ashika V1
Ashika V1 | fx-on.com

関連記事

  1. メイン口座は話題のTitan FXに

  2. イギリス国民投票前夜 全EA稼働停止

  3. FXトレーダーにも便利なマネーフォワード

  4. 断捨離は続く。B24も停止。

  5. Titan FX Blade口座のスプレッドはどれくらい狭い?

  6. Swallowタイアップキャンペーンと裏話

おすすめ記事

  1. 新Sunflowerを出品しました
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Sunflowerの大幅アップデート
  4. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  5. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較

コメント

    • カエル
    • 2015年 12月 25日

    あっきーさん、検証ご苦労様です。
    ラッコさんのロジックは基本どれも一緒なのでどのEAを使ったとしても同じ事が起こりますよ!では、

    • やめれ
    • 2015年 12月 25日

    あっきーさん、検証ご苦労様です。
    ラッコさんのロジックは基本どれも一緒なのでどのEAを使ったとしても同じ事が起こりますよ!では、

    • やめれ
    • 2015年 12月 25日

    何で、バックテストは良くてリアルでドローダウンするのか?ブローカーの価格データに問題があるのか!それとも、ドローダウンした日だけ稼動しないようにEAプログラミングしているのかはブラックボックスなので分かりませんが! スプレッドも関係するかもしれないけどね!(^_^)ノ

    • やめれ
    • 2015年 12月 25日

    あー!お金に余裕があれば、トラリピが確実じゃあないかな?

    • カエルさん?やめれさん?

      コメントありがとうございます。
      高勝率系EAがリアルで通用しないのは、バックテストで統計的に十分な負け数が得られていないからかなぁと最近は思っています。
      小細工しているということはないのでしょうが…
      トラリピも、平時はいいにしてもやはり予期せぬ含み損というのは絶対発生しますし、悩ましいですね。

    • まっさん
    • 2015年 12月 28日

     自分は今裁量を学んでいるのできづいたんですが、ホワイトベアーのエントリーポイントってちょうどトレンドの勢いが終わりに差し掛かってきたところなんです。

     だから、裁量を学んでこのEAのトレードをみていると本当にハラハラドキドキで怖いです。

     あと、バックテストでは機能するのにフォワードではうまくいかないのは、結局つまるところ、このEAのロジックは複雑なフィルターが入りすぎていて、いわゆるカーブフィットしている可能性が高いのだろうと思います。

     ラッコさんの初期のEAであるRaccoは、逆に初期のものだけに、余計なフィルターがかかってない分、過剰最適化の度合いが低いので、今でも機能しているし、これからも機能する可能性がある、と僕は見ています。

    • まっさんさん

      いつもコメントありがとうございます。

      トレードを見ていると怖いというのは確かにそうですね。
      0時までの値動きでシロクマがエントリーするかどうか大体見当がつきますが、最近は「大丈夫かな・・・?」と不安になってばかりで。
      で、案の定大丈夫じゃなかったり。

      仰る通り、過剰最適化なのかもしれません。
      バックテストで10年通用しようが、いったんハマらない相場が来るとトコトン負け続けてしまうというのが、過剰最適化EAの怖いところですね。
      いい教訓となりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る