閉じる
  1. 武藤嘉紀のスポンサー! LAND-FXを使ってみる
  2. 【宣伝】オリジナルEA第1弾出品中!
  3. 転んでも ただでは起きんぞ こうなれば
  4. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開
  5. 大きな期待を寄せて、BandCross3を再稼働
  6. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
  7. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  8. FX自動売買を野球に例えると
  9. シロクマさんEA復活傾向か?
  10. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
閉じる
閉じる
  1. 2018年始も好調継続中
  2. Swallow 低ボラ回避のバージョンアップ
  3. Swallowのバージョンアップ検討
  4. ホワイトフェニックス
  5. 順張りと逆張りのポジション保有時間
  6. 順張りと逆張りの損益分布
  7. FFCalのサマータイム認識
  8. まだまだ使える!カコテンiIchimoku AUDJPYのチューニング…
  9. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  10. 自作EAにニュースフィルターを実装
閉じる

あっきー and Company

FXトレーダーにも便利なマネーフォワード

FXがあまり順調じゃなくて…というのもありますが、一人暮らしでザル気味になっている家計の見直しを進めています。

これに伴い、まず始めてみたのが家計簿アプリのマネーフォワードです。

スマホ広告や最近はテレビCMなどでも出てくるので、ご存じの方も多いかと思います。

 

私、恥ずかしながら今まで家計簿というものをまともにつけたことがありませんでした。

一時期、Excelでやってみようかとしたこともありましたが、やはり面倒だし収支が合わなかったりですぐ挫折してしまったんですよね。

そんなものぐさなので、マネーフォワードもまずはお試しかなという感覚で始めてみたのですが…使ってみるとこれが超便利!

クレジットカードや銀行・証券会社などのオンライン情報を登録することでそれぞれの情報を自動的に取り込んでくれ、自分が入力することなしに収支状況が記録されていきます。

クレジットカードでの支払いについては使用履歴から品目も自動的に振り分けられます(食料品、水道・光熱費など)し、Amazonなどの情報を登録しておけば内容をコンピュータが判断してカード履歴と紐づけてくれます。

さすがに現金での支出・収入は自分で入力しないといけませんが、それもスマホでポチポチっとやるだけですし非常に簡単です(レシート読み込み機能もありますが、そちらは精度がイマイチなので私は使っていません)。

したがって、自分でやるのは初めの金融機関の登録だけで、それさえやってしまえば手入力での作業をする必要はほとんどありません。

また、こういう家計簿サービスを使うにあたっては対応金融機関の少なさがネックになったりもしますが、マネーフォワードの場合、有名どころは大体抑えられています。

たくさんあるカード情報から現金まで含めて収支計算がピッタリ合うと気持ちよくなってきて、私みたいな凝り性の人にほど向いていると思います(笑)

マネーフォワードは今一番ノッている家計簿アプリかと思いますが、この便利さを知ってしまうとそれも納得です。

 

 

そんな超絶便利なマネーフォワードですが、基本機能は無料で使うことができます。

無料版でも金融機関を10個まで登録できるので、銀行口座やクレジットカードをそんなに持っていないという方はこれで事足りるでしょう。

私はというと、クレジットカードから銀行、証券会社、ポイントカードなんかも含めると口座の合計は余裕で10を超えるので、月額500円の有料版に申し込みました。

有料版だと過去の履歴を全て閲覧したり(無料版は1年前まで)、高度な家計分析などもできるので、ワンコイン払ってでも登録する価値があると思う方は登録すればいいと思います。

 

家計簿アプリで有名なものとしては他にzaimなどもありますが、こちらは証券会社には対応していないようで(2016年3月現在)、イメージとしては主婦の家計管理向け、といった感じですね。

楽天証券やSBI証券などの口座を持っている投資家の方にはマネーフォワードの方が向いていると思います。

FX会社も有名どころは大体対応しているのですが、MT4を採用しているところで対応しているのは現在FXCMジャパンだけですね。

というのもあって、何度か触れていますが私はメイン口座をFXCMジャパンに戻しました(海外口座はもちろん対応しておらず)。

資産推移もグラフで表示されるので、収支状況を直感的に理解することができて非常に便利です。

 

ここまでマネーフォワードをべた褒めしてきましたが、唯一デメリットがあるとすれば、やはりセキュリティ面の問題でしょうか。

マネーフォワードでは本人に代わって金融機関のシステムに自動ログインさせるために、ネット銀行など各口座のログインID・パスワードを登録する必要があります。

仮に数十登録してあるこれらのログイン情報が漏れたら…なかなか悲惨なことになりそうです(^_^;

ただ情報漏えいがあったとしても何らかの対策はできるでしょうし、リスクにばかり目を向けすぎてこんなに便利なサービスを使えないというのは自分の時間を無駄にしているともいえますので…

私はあまり気にしすぎることはありませんが、そこらへんのリスクをどこまで許容できるかは人それぞれでしょうね。

 

長々書きましたが、オンライン上のお金のやり取りがどんどん増えていくと思われる昨今、次世代の家計管理としてマネーフォワードは超オススメですよ!

関連記事

  1. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ

  2. 心を落ち着けるべく、アロマ男子になってみる

  3. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など②

  4. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

  5. キャンペーンに乗っかって使えるねっとのVPSを更新しようと思う

  6. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる

おすすめ記事

  1. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  2. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  3. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  4. cTraderでの自動売買に挑戦
  5. Swallowタイアップキャンペーンと裏話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る