閉じる
  1. FX自動売買を野球に例えると
  2. 期待せざるを得ない。TFRを新規導入
  3. FXトレーダーにも便利なマネーフォワード
  4. 大きな期待を寄せて、BandCross3を再稼働
  5. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
  6. ブレイクアウトEAの原型完成
  7. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  8. 2015年度好調なEAその2:2Guns
  9. 2015年度そこそこ好調だったEA:New Breeze v5とVBS…
  10. cTraderでの自動売買に挑戦
閉じる
閉じる
  1. 儲かるなら売らない?
  2. 新Sunflowerを出品しました
  3. 機械学習のお勉強
  4. EAはどこに出品すべきか
  5. Swallowアップデートしました
  6. Swallowのバージョンアップ検討②
  7. Sunflowerの大幅アップデート
  8. 出品EAの今後の処遇
  9. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  10. 2018年始も好調継続中
閉じる

あっきー and Company

Swallow 低ボラ回避のバージョンアップ

さて、前記事で説明したSwallowのバージョンアップについて。

自分の口座で3週間ほど試運用してみて、前バージョンに比べて上手く損失を避けられたトレードもあり、まあ3週間しか見てないんで何とも・・・というところもなくはありませんが、感触としては良さそうな気がしています。

ってことでfx-onに登録しているものもバージョンアップしました。

変更点は下記です。

・ボラティリティをテクニカル分析で判断し、低ボラ時はエントリーを抑制

・エントリー時間を2~20時に抑制(GMT+2ベース、サマータイム時はGMT+3)

ゴゴジャンさんで確認が済み次第、バージョンアップ版が配布されると思いますので、購入者の方はしばしお待ちください。

 

最近は不甲斐ない成績が続いているので止めちゃったりしている方もいるかもしれませんが、辛抱強く待って入れば風向きのいい時期はまた来るものと思います。

単体ロジックだとどうしても限界はあるので、あくまでポートフォリオの中の一つとして考えてもらえれば幸いです。

短いですが、では。

Swallow
行き過ぎからの戻りを狙うスイングEA
行き過ぎからの戻りを狙うスイングEA?|?fx-on.com

関連記事

  1. Swallowのポジション保有時間に関するコード修正

  2. オリジナルEAをリアル口座でテストしてみる

  3. Swallow試用版を用意しました

  4. 他通貨ペア価格を参照しながらのバックテスト

  5. 試用版EAの配布を始めてみる

  6. オリジナルEAの初取引

おすすめ記事

  1. 新Sunflowerを出品しました
  2. EAはどこに出品すべきか
  3. Sunflowerの大幅アップデート
  4. 指値決済による累積ポジティブスリッページの分析
  5. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る