menu
閉じる
  1. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  2. Nekoboo_Core2_Spec.Lを新規導入!
  3. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Maste…
  4. そのEA、スプレッド耐性ある?
  5. FX自動売買を野球に例えると
  6. 個人的にはドル円の上昇余地はかなり小さくなってきたと思う
  7. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
  8. docomo解約して格安SIMのmineoに移行したぜ!
  9. 【宣伝】自作EA第2弾出品開始
  10. 2015年9月の運用成績
閉じる
閉じる
  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. 日本人は野球もコツコツドカンか
  4. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  5. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  6. Swallowのポジション保有時間に関するコード修正
  7. Swallow試用版を用意しました
  8. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など②
  9. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  10. そのEA、スプレッド耐性ある?
閉じる

あっきー and Company

プレフィックスで電話料金を節約できるって知ってた?

携帯電話会社をdocomoからmineoに切り替えたため、毎月の通信費もお安くなって大満足(^^)

というのが前回記事の内容だったのですが、格安MVNO業者になって困るのが、通話料金が定額ではなく従量制になるということ。

mineoの場合、普通に電話すると30秒につき20円で、まあ月1時間電話したとしても2,400円なので大した額ではないのですが、やはり電話代もできる限りは節約したいところです。

 

そこで電話代の節約方法をいろいろ調べていたのですが、そこで知ったのがプレフィックス方式による割引という方法。

例えばこちらの記事では楽天でんわの例が紹介されているのですが、プレフィックス番号を通常の電話番号の前に入力し、その業者独自の電話回線網を利用することで格安で通話ができるということのようです。

詳しい原理がわからんので何とも説明できないのですが(^^;

有名どころとして楽天でんわG-Callの2つがあるようで、登録の上、専用アプリを使う(もしくは自分でプレフィックス番号を付ける)ことで、10円/30秒の半額料金で電話ができるみたいです。

通話品質は、電話回線を使っているためIP電話よりも良く、通常の電話と比べても遜色はないとのこと。

 

じゃあ実際の使い心地はどうなんだ?ということで、楽天でんわに登録して使ってみました。

mineo回線のスマホから、母親の携帯に電話…当然ですが普通につながりました。

それで15分ほどいろいろ他愛もない話をしましたが、特に何も問題はなく。

遅延はあったかなあ?あったと言われればそんな気もしないでもないけど、はっきりと気が付くレベルではないです。

これで電話代が半額になるというのなら、使わない手はないですね。

 

ところで、金額面だけだとIP電話で050番号を取得して使うのが安上がりなのですが、IP電話で個人的に一番気になるのは、電話をかけた相手にも050で番号が通知されてしまう点。

例えば知り合いの携帯に電話を掛けたとしても、そこに表示されるのが050の知らない番号だったとしたら、相手からすれば「誰からだろう…?」となりますよね(もちろん、相手も承知していれば問題ありませんが)。

そういうことを気にし始めると、IP電話って050番号でも支障がないようなシチュエーションでしか使えないんですよね~。

プレフィックス方式の電話であれば、相手に通知されるのは元の電話番号ですのでそんな心配もありません。

 

三大キャリアであれば通話料定額だとか同キャリア無料といったサービスがありますのでメリットは少ないですが、格安SIMを使っている方は元々電話代を余している場合が多いと思いますので、そんな方にほど便利なサービスだと思います。

格安SIMで今まで普通に電話していたという方はぜひ利用してみてはいかが?

関連記事

  1. ブローカーの差?首の皮一枚で生き残ったトレンディワン・レガート

  2. 日本人は野球もコツコツドカンか

  3. 心を落ち着けるべく、アロマ男子になってみる

  4. 労働組合は必要悪か?

  5. さよならシロクマZユロ円。そして新・朝スキャEA導入

  6. ドル安ブレイクは本物か?

おすすめ記事

  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  4. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  5. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク


EZインベスト証券×Swallowタイアップキャンペーン


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る