menu
閉じる
  1. 紙一重の差?生き残ったマーチン
  2. 1月4日、2016年始動!
  3. 試用版EAの配布を始めてみる
  4. 転んでも ただでは起きんぞ こうなれば
  5. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  6. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ
  7. 2015年の確定申告終了!
  8. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開
  9. docomo解約して格安SIMのmineoに移行したぜ!
  10. 2015年度そこそこ好調だったEA:New Breeze v5とVBS…
閉じる
閉じる
  1. トレーディングもヒットの積み重ねだと思う
  2. Swallowの決済バグを修正
  3. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  4. cTraderでの自動売買に挑戦
  5. 日本人は野球もコツコツドカンか
  6. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  7. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  8. Swallowのポジション保有時間に関するコード修正
  9. Swallow試用版を用意しました
  10. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など②
閉じる

あっきー and Company

徐々にテコ入れしていきます

さすがに成績が奮いませんので、テコ入れを開始することにしました。

まずはBTR-DayTrade systemを稼働停止とします。

レンジ相場に対応できないのがやはり辛いです。

今後、USD/JPYに明らかなトレンドが出てきたら、再稼働を検討しようかと思います。

 

また、メイン口座のうちドローダウンの先鋒となっているのがPA-TRADEですが。

こちらも、当面は稼働を停止しようと思います。

一つの判断材料は、バックテストの最大ドローガウン額と最大ドローダウン日数を(公式フォワードでも口座によりますが)更新してしまっているというところです。

それでも・・・と思って使い続けていましたが、やはりバックテストの成績というのが基準となりますしね。

また、このEAは0.01ロットでもドローダウンがそれなりにあるので、今の運用金額じゃ扱いきれないというのが二つ目の理由です。

個人的な感覚としては、このEAを使うには100万円以上あった方がいいかと思いますが、私、そんなにお金持ちじゃないので。。。

ということで、PA-TRADEも公式フォワードの結果を睨みつつ、資金が増えてきたら再稼働を検討します。

 

決断が少し遅かったかなあ。

経営者(気分)としての判断は難しいですね。

大幅修正しました。ver1.11以降は初期=逆張りロジックのみの使用です。
BTR-DayTrade system
BTR-DayTrade system | fx-on.com

関連記事

  1. 凡ミス・・・VPSメンテ後はちゃんと確認しましょう

  2. そのEA、スプレッド耐性ある?

  3. 日本人は野球もコツコツドカンか

  4. ランダムチャートで遊ぶ

  5. EUR/USDのボラティリティ低下を数値化

  6. 高勝率・高PF系のEAは通用しない?

おすすめ記事

  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  4. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  5. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る