閉じる
  1. 1月4日、2016年始動!
  2. 大きな期待を寄せて、BandCross3を再稼働
  3. 誠に遺憾ながら。S.E.L EURCAD稼働停止
  4. Titan FX Blade口座のスプレッドはどれくらい狭い?
  5. 個人的にはドル円の上昇余地はかなり小さくなってきたと思う
  6. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開
  7. 期待せざるを得ない。TFRを新規導入
  8. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  9. 紙一重の差?生き残ったマーチン
  10. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
閉じる
閉じる
  1. ホワイトフェニックス
  2. 順張りと逆張りのポジション保有時間
  3. 順張りと逆張りの損益分布
  4. FFCalのサマータイム認識
  5. まだまだ使える!カコテンiIchimoku AUDJPYのチューニング…
  6. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  7. 自作EAにニュースフィルターを実装
  8. Genesis Traderの運用を再開
  9. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  10. トレーディングもヒットの積み重ねだと思う
閉じる

あっきー and Company

タグ:お役立ち

前回記事の続き。順張りと逆張りでは、その時間特性も異なる。以下の図は逆張りEAのトレードにおける獲得pipsを、ポジション保有時間ごとに並べたものである(myfxbookを使用)。もちろんバラツキはあ…

順張りと逆張りの特徴順張りとは価格が上がっているときに買って、下がり始めたら決済するトレードのことをいう。もしくは下がっている時に売って、上がり始めたら決済するトレードのことである。反対に、逆張りとは価格が下がっているときに買っ…

VPSでEAのトレードを監視していると、とあることに気づく。あれ、指標発表の時間なのにエントリーしている...?というのも、一部の逆張りEAにはFFCalによる指標フィルターを入れているので、これが機能していれば重要指標の前…

過去に買ったEAでボツになったものは数知れず。というか現在では9割がた稼働していません。その中の一つがカコテン iIchimoku AUDJPYだったのですが、稼働再開を検討するにあたり少しチューニングしてみたら結構いい結果になった…

今週はトレンドがなかなか反転せず、逆張りEAには厳しい相場という印象でした。蓋を開けてみればじりじり負けてまさかの日ベース5連敗。ちなみに、稼働再開したGenesis Traderは順調だったものの、雇用統計時のスリッページ…

最近では自作EA以外を全然運用していませんでしたが、逆張り型のEAを組み合わせる中でポートフォリオの重要性を再認識し、ボツにしたEAも「組み合わせ」で考えれば使えるものがあるのでは?と思い直すようになりました。そこで白羽の矢を立てた…

以前、こちらの記事でEAのスプレッド耐性の見極め方についてご紹介しました。総損益から取引回数×スプレッドを差し引けばスプレッドが拡大したときにどの程度収益が減るか推測できるという話だったのですが...しかしよくよく考…

バックテスト結果が素晴らしいEAは世の中に数多く販売されているものの、フォワードテストで満足いく結果を残せるEAは少ないもので。私が出品しているEAも全ての成績が芳しいわけではないので、あまり偉そうなことは言えないんですけどね。ただ…

とある手法を検証している中で、ランダムウォークな相場でも利益を出せる方法はあるのかということをちょっと考えておりまして。まあ結論から言うと完全ランダムな相場で利益を出すのはムリっぽいという自己完結に至ったのですが、お試しにということ…

自作のDandelionやSwallowはEUR/USD対象のEAですが、この2つのEAには実は課題がありました。それは、円口座とした場合の複利のバックテストが正しくできないということです。私のEAでは複…

さらに記事を表示する

SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る