menu
閉じる
  1. 2015年度そこそこ好調だったEA:New Breeze v5とVBS…
  2. ゴゴジャンの中の人に初めて会った話
  3. Genesis Traderを導入でリアル成績を初?公開
  4. 2016年2月第5週~3月第1週の運用成績
  5. 気になるEA:CycleTrapScalPro_EURUSD
  6. 試用版EAの配布を始めてみる
  7. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  8. FX自動売買を野球に例えると
  9. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Maste…
  10. 紙一重の差?生き残ったマーチン
閉じる
閉じる
  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. 日本人は野球もコツコツドカンか
  4. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  5. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  6. Swallowのポジション保有時間に関するコード修正
  7. Swallow試用版を用意しました
  8. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など②
  9. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
  10. そのEA、スプレッド耐性ある?
閉じる

あっきー and Company

誠に遺憾ながら。S.E.L EURCAD稼働停止

大崩れのWhite Bear Z EURJPYに変わり、鳴り物入りで登場させた朝スキャEA、S.E.L EURCAD。

運用期間は2か月強と短いのですが、期待していた成績には遠く及ばず、今後も上向くことはまずないだろうという判断に至り、早々に稼働停止することにしました。

スキャルピングEA S.E.L EURCAD
S.E.L EURCAD
S.E.L EURCAD | fx-on.com

 

S.E.L EURCADの特徴はざっくり以下の通りです。

・日本時間7:00~8:00(サマータイム時は6:00~7:00)にエントリーする朝スキャEA

・日本時間9:00(サマータイム時は8:00)には強制決済

・EUR/CADのロング専門

 

公式フォワードを見てもらえると成績はてんでダメ、まったくダメなのですが、なぜそんなEAを導入したのかといいますと。

同じくラッキースターさんのEUR/AUDロング専門朝スキャEA、2Gunsの成績が良かったからなんですね。

当ブログでも何度か紹介しているとおり、2GunsもFX Proでの公式フォワード成績はダメダメですが、私のTitan FX Blade口座では成績がいいんですよ。

そういうことで、通貨ペアは違うけれど同じようなコンセプトのS.E.L EURCADも「こりゃイケるんじゃね?」と思ったわけです。

EUR/CADはEUR/AUDに比べてスプレッド狭いですし(Titan FXの場合)。

 

しかしながら、運用してみると全然ダメ。

2Gunsは好調なのに、S.E.L EURCADは調子が上向くことなく負け続けてしまっています。

原因については推測ですが、やはりロールオーバー後のスプレッド的に不利な時間帯にしかエントリーしないからなんでしょうね。

バックテストでは7:00ピッタリにスプレッドの開きを無視してエントリーしますが、現実にはそんなこと起こらないですし。

まあだからこそスプレッドフィルターは2pipsと狭めにしていて、そうすれば通用するんじゃないかという期待もあったわけですが。

結果としては、悪い方の予想通り、リアルでは通用しないということが証明されてしまいました。

 

2Gunsの場合はエントリー時間が6:00~8:00と1時間長いのも、S.E.L EURCADとは違って好調な理由なのかもしれませんね。

通貨ペアとエントリー時間帯が違うだけでこんなにも差が出るのも少し不思議ですが。

 

というわけで、傷口を広げないうちに早々に見切りをつけました。

こちらについては様子見とかではなく、もう稼働再開することはないでしょう。

ついでに、公式フォワードも破綻するまで負け続けると予想します(失礼な話ですが)。

 

ふう、また一つ勉強になったぜ…

スキャルピングEA 2Guns
2Guns
2Guns | fx-on.com

関連記事

  1. Iron Wolfの派生版?

  2. 新生BandCross3がスタートダッシュ中!

  3. Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!

  4. 紙一重の差?生き残ったマーチン

  5. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Ma…

  6. TFRのGBP/USD、USD/JPY版を追加

おすすめ記事

  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  4. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  5. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク


EZインベスト証券×Swallowタイアップキャンペーン


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る