閉じる
  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Maste…
  3. 転んでも ただでは起きんぞ こうなれば
  4. Swallowがfx-on収益率ランキング2位!
  5. ブレイクアウトEAの原型完成
  6. オリジナルEA開発に着手
  7. Sunflowerの大幅アップデート
  8. Nekoboo_Core2_Spec.Lを新規導入!
  9. 個人的にはドル円の上昇余地はかなり小さくなってきたと思う
  10. 新Sunflowerを出品しました
閉じる
閉じる
  1. 絶望的に低ボラなドル円相場
  2. セット販売とタイアップのお知らせ
  3. EA-BANKで11月首位獲得!
  4. EA-BANKでの提供開始!
  5. 儲かるなら売らない?
  6. 新Sunflowerを出品しました
  7. 機械学習のお勉強
  8. EAはどこに出品すべきか
  9. Swallowアップデートしました
  10. Swallowのバージョンアップ検討②
閉じる

あっきー and Company

まだまだ使える!カコテンiIchimoku AUDJPYのチューニング

過去に買ったEAでボツになったものは数知れず。というか現在では9割がた稼働していません。

その中の一つがカコテン iIchimoku AUDJPYだったのですが、稼働再開を検討するにあたり少しチューニングしてみたら結構いい結果になったのでご紹介。

 

まず下記はデフォルト設定での2005年~本日までのバックテスト結果です。

2016年に大きなドローダウンがありますね。

直近では回復傾向にありますが、このドローダウンで稼働停止してしまった方も多いのではないでしょうか(私もその一人です)。

 

これに対して、TPとSLを最適化してみたのが以下。

最適値はTP300、SL50(pips)となりました。

元に比べるとSLはかなり狭く(210→50)しています。

2016年のドローダウンもなくなって2017年は利益更新しています。

全期間で見ても最大ドローダウンは半分以下、利益は10%程度増となっており、個人的にはかなり改善されたと考えています。

デメリットといえば、最適化後の勝率が34%と、ただでさえ低い勝率がさらに低くなったこと。

まあ、高勝率だからいいというわけではありませんし、稼働していることを忘れてひたすら放置するしかないでしょう。

 

カコテンシリーズは元々ドテン売買型のEAで、最適化の度合いが少ないという意味ではシンプルで私も嫌いではありませんが、この結果を見ると決済ロジックを少し工夫すれば収益性は今よりも高まりそうですね。

エントリー自体には優位性があるということですし。

個人的には、これに資金管理戦略を加えて先月から運用再開しています。

皆さんもいろいろ試してみると、昔のEAでも意外と活用できるものがあるかもしれませんよ。

過去10年分をテストしました!安定した運用を求める貴方に。
カコテン iIchimoku AUDJPY
カコテン iIchimoku AUDJPY | fx-on.com

関連記事

  1. 新生BandCross3がスタートダッシュ中!

  2. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Ma…

  3. ホワイトフェニックス

  4. Genesis Traderのスキャルロジックを最適化!

  5. 2015年度好調なEAその1:3BTS

  6. 期待せざるを得ない。TFRを新規導入

おすすめ記事

  1. セット販売とタイアップのお知らせ
  2. EA-BANKでの提供開始!
  3. 新Sunflowerを出品しました
  4. EAはどこに出品すべきか
  5. Sunflowerの大幅アップデート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る