閉じる
  1. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  2. ビットコイン取引! bitFlyerの口座を開設しました。
  3. トランプ大統領誕生で相場は大荒れ
  4. 2015年の確定申告終了!
  5. オリジナルEA開発に着手
  6. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  7. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  8. 2015年度好調なEAその2:2Guns
  9. 保有時間制限のあるスキャルEA Inon_Scalping_Maste…
  10. ブレイクアウトEAの原型完成
閉じる
閉じる
  1. 2018年始も好調継続中
  2. Swallow 低ボラ回避のバージョンアップ
  3. Swallowのバージョンアップ検討
  4. ホワイトフェニックス
  5. 順張りと逆張りのポジション保有時間
  6. 順張りと逆張りの損益分布
  7. FFCalのサマータイム認識
  8. まだまだ使える!カコテンiIchimoku AUDJPYのチューニング…
  9. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  10. 自作EAにニュースフィルターを実装
閉じる

あっきー and Company

Tickstoryが使いこなせない

このところ仕事がクソ忙しく、気がついたらブログ更新を3週間もサボってしまいました。

しかしタダでさえ忙しいのに、うちの部署は人が減りそうな話が出てきていて今後はさらに目の回る忙しさになりそう。

FXの方は自動売買に任せてもう完全放置ですな。

 

まあそれでも稼ぐための努力は少しでもしていこうということで。

今回は前々から「いつかやろう」と思っていた、Tickstoryを使ってのバックテストに挑戦してみました。

TickstoryはMT4自動売買界隈の方ならお耳にしたことはあるかと思いますが、通常のバックテストのような疑似ティックではなく、リアルティックのデータを用いてEAのバックテストができるというアレです。

使い方はいろんなところで書かれているのでGoogle先生に聞いてみてください。

私はfx-onの記事を参考にトライしてみました。

使ってみるまで知りませんでしたが、大まかには

①Tickstoryを公式ページからインストールする(まずは無料版で十分かと思います)

②Tickstory上でリアルティックデータをDukascopyからダウンロードし、指定したMT4のフォルダにデータを保存する

③TickstoryからMT4を立ち上げ(通常通りにMT4を立ち上げるのは×)、リアルティックデータでバックテストを実行する

という流れになるようです。

 

…ということでやってみているのですが、③のTickstory上でMT4を立ち上げるというところに躓いています。

エラーメッセージは下記の通り。

tickstory_launch-error

つまりTickstoryからMT4を立ち上げるためのLauncherがBuild 765以降のバージョンのMT4には対応していないということか?

そう思ってBuild 765のterminal.exeをネットからダウンロードして再度試してみたのですが、同じエラーメッセージが出てきて上手くいかず。

いまいち解決法もわからないし、先に進めないので放置してしまっている状況です。

そもそも今の最新のMT4ってBuild 1010ですし、1000番台とは言わないまでももう少し新しいバージョンにも対応してくれたらそもそもこんな問題も起きないとは思うのですが。

無料ということもあるし仕方ないんですかね。

それとも一気に10年分のティックデータでテストしようとしている(データが重すぎる)のが良くないのかな…?

 

もし解決策をご存知の方がいたら教えていただけると非常に助かりますm(_ _)m

関連記事

  1. EUR/USDのボラティリティ低下を数値化

  2. ビットコイン取引! bitFlyerの口座を開設しました。

  3. メイン口座は話題のTitan FXに

  4. キャンペーンに乗っかって使えるねっとのVPSを更新しようと思う

  5. FX自動売買を野球に例えると

  6. 2018年始も好調継続中

おすすめ記事

  1. ABLENETが速い! VPS上のMT4のレイテンシを比較
  2. 逆相関ロジックによるポートフォリオの重要性
  3. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  4. cTraderでの自動売買に挑戦
  5. Swallowタイアップキャンペーンと裏話

コメント

    • rem335
    • 2016年 10月 09日

    初めまして。無料版のTickstoryは、こうしたエラーが表示されますが、無視して、そのまま次に進めば、問題ないと思います。また、「TickstoryからMT4を立ち上げ(通常通りにMT4を立ち上げるのは×)」とありますが、特に、TickstoryからMT4を立ち上げる必要はありません。ヒストリカルデータをダウンロードしたMT4を普通に立ち上げれば、「history」のフォルダにデータが格納されています。間違っていたら、申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

    • ご教示ありがとうございます!
      普通にMT4を立ち上げるとティックデータが上書きされてる?ように見えたのでダメなのかと思っていましたが、大丈夫ということなのですかね。
      モデリング品質どうなってたかなあ…ただ今お出かけ中なので確認できず、せっかく教えていただいたところ申し訳ありません。。。
      明日にでもまた確認してみようと思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る