menu
閉じる
  1. 【宣伝】自作EA第2弾出品開始
  2. 1月4日、2016年始動!
  3. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  4. 誠に遺憾ながら。S.E.L EURCAD稼働停止
  5. FX自動売買を野球に例えると
  6. 期待せざるを得ない。TFRを新規導入
  7. 【宣伝】オリジナルEA第1弾出品中!
  8. 紙一重の差?生き残ったマーチン
  9. Swallowがfx-on収益率ランキング2位!
  10. そのEA、スプレッド耐性ある?
閉じる
閉じる
  1. Swallowの決済バグを修正
  2. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  3. cTraderでの自動売買に挑戦
  4. 日本人は野球もコツコツドカンか
  5. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  6. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  7. Swallowのポジション保有時間に関するコード修正
  8. Swallow試用版を用意しました
  9. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など②
  10. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①
閉じる

あっきー and Company

ストップレベル、気にしてますか?

タイトル通りですが、お使いのブローカーのストップレベルって把握していますか?

存在自体は私も知っていたものの、恥ずかしながら今まであまり気にしていませんでした。

ちなみに、ご存じない方に説明すると、ストップレベルとは「待機注文を出すとき現在価格から何ポイント離さないといけないか?」を示す数値です。

MT4のターミナル画面からは、気配値表示のところを右クリックし、「仕様」のところから各通貨ペアのストップレベルを確認できます。(Build 890の場合)

stoplevel_build890_1

stoplevel_build890_2

 

画像のTitan FX Blade口座の場合、ストップレベルは0となります。

まあゼロなら何の問題もありませんが、ブローカーによってはこの数値はゼロじゃないんですよね。

ちなみに、サブ口座のLAND-FXでは、このストップレベルが40point(4.0pips)あります。

つまり、LAND-FXの場合、指値・逆指値を発注する際には、現在価格から4.0pips離さないといけないということになります。

他に持っている口座で確認したところ、MyFX Marketsのスタンダード口座も20pointありました。

(OANDAジャパン、FXCMジャパン、外為ファイネスト、MyFX Marketsプロ口座はゼロでした)

 

そこで問題になってくるのが、先日紹介したB24です。

B24は利益が5.0pipsに達するとトレーリングストップが発動し、以降は1.0pips幅でトレールしていく仕様らしいのですが…あれ、ストップレベル4.0pipsだと発注できませんよね?

つまり、B24はLAND-FXでは正しく稼働できないということになります。

実際、トレールしていくところをリアルタイムで見てみたのですが、逆指値は現在価格よりキッチリ4.0pips離れたところで推移していました。(一応、トレールできているとは言えますが)

しかも怖いことに、注文エラー(Order Modify Error 130)も出ず。

公式フォワードとか今までの稼働状況と比べて、なんかやけに建値付近の決済が多いなというので気づいた次第です。

(トレール幅が離れていたことで結果的に得したトレードもありましたけどね)

 

ブローカーを選ぶ上ではついついスプレッドだとか安全性だとかばかり気にしてしまいますが、目に見える数値として、実はストップレベルというのもとても重要な要素なんですね。

今回の一件では、それを身をもって学びました。

 

それでB24ですが、サブ口座のLAND-FXでは正しく稼働できないことがわかったので、メイン口座のTitan FXに移しました。

そして代わりに、ストップレベルにシビアではないトレンディワン・レガートをTitan FX口座から外し、LAND-FX口座へ出向(左遷じゃないよ)させることとしました。

皆さんも、なんか成績が公式フォワードとかと違うなと思ったら、スプレッドだけでなくストップレベルを確認してみるといいですよ。

関連記事

  1. 武藤嘉紀のスポンサー! LAND-FXを使ってみる

  2. 新しいEA採用基準を導入します

  3. 日本人は野球もコツコツドカンか

  4. なぜかMT4がよく落ちる

  5. EUR/USDのボラティリティ低下を数値化

  6. シロクマV3がまたドローダウン・・・泣いて馬謖を斬る

おすすめ記事

  1. 初のcBot作成と個人的に躓いた点
  2. cTraderでの自動売買に挑戦
  3. Swallowタイアップキャンペーンと裏話
  4. 期待利得を見ればEAのスプレッド耐性がわかる
  5. 2016年末にあたり思うこと:EA選定基準など①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SNS

記事の更新情報はこちらから。

Facebook、Twitterもやってます!



follow us in feedly

サイト内検索

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ページ上部へ戻る